体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これは知らなかった! 築年数が古い賃貸物件の意外なメリット

これは知らなかった! 築年数が古い賃貸物件の意外なメリット
shop-768499_640

お部屋探しをする際に築年数は気になりますか? 新築と聞くと聞こえがよく、やっぱり新しいのが良いなと思いますよね。
でも、実は築年数が古くてもお部屋はリフォームしたばかりだったり、お部屋の面積が広かったりと意外に知らないメリットも多数。
今回は、築年数が古い賃貸物件のメリットとデメリットを解消する方法をみていきましょう。
みんな築年数にこだわってる?

全国の男女にどれくらいの築年数なら住みたいと思えるかアンケートを実施しました。

「物件の築年数はどれくらいなら住んでもいい?」

「物件の築年数はどれくらいなら住んでもいい?」
※全国にいる20代~30代の男女330名に調査。(2017年12月16日CHINTAI調べ)

まず図1を見ると、全体の7割の方が「築年数20年以内」を希望していることが分かります。ほとんどの方が築年数を気にしていますね……。

図2では、築20年以内を希望する方の内訳です。「築10年以内なら」が1番多く、29%。次に「築3年くらいなら」が17%です。やはり、比較的に新しい物件が人気ですね!

築年数が古い賃貸物件のメリット

一見、人気のない築年数の古い物件。ですが、古いからこそのメリットもたくさんあるのをご存知ですか?古い物件はよくない、というような先入観は捨ててしまいましょう!家賃が安く、物件数が多い

eaa86c4e31dd392578899d9dcb08cdaf_s
東京都で人気の吉祥寺駅にて一番希望が多かった「築年数10年以内の物件」と「築年数にこだわらない物件」の最低家賃と物件数を比較しました。※1

▼築年数10年以内の物件
最低家賃:4.8万円
物件数:579件

▼築年数にこだわらない物件
最低家賃:2.3万円
物件数:2,606件

築年数にこだわらないと、最低家賃は2万円以上安くなり、物件数は2,000件以上も増えます! 築年数が古い賃貸物件の1番のメリットは、家賃が安くなり選べる物件数が圧倒的に増えるところ。今まで、築年数にこだわっていた方も、築年数にこだわらずに物件を探してみると選択肢が増えたり、コストを抑えられたりとよいかもしれません。

※1 2017年1月17日時点(CHINTAI調べ)
リフォームやリノベーションを行っている賃貸物件も多数!

8efab9998903e236a2ed2e86b304d72c_s
実は古いのは「築年数だけ」な場合も。築年数が古いと、お部屋も全て古いと決め付けていませんか? 最近は、リフォームやリノベーションを行っている賃貸物件も多数あります。

リフォームなどによって、人気設備の独立洗面台やシステムキッチンが新設された賃貸物件も少なくありません。場合よっては、新築同然になっているお部屋も! さらに、新築よりは家賃が安いお部屋も多いので、築年数の古い、リフォームした物件は狙い目ですよ。

広めの居室&収納の賃貸物件が多い

2d9ef8a5ec586f7eedd656a504e475b0_s
和室の多い築年数が古い賃貸物件は、1畳のサイズが大きい昔の畳を使っているお部屋が多いです。そのため、同じ六畳でも少し平米数が広い隠れ物件も。

また、押入れや天袋付きのお部屋もあるので、モノが多い一人暮らしの方にもおすすめです!
和のテイストがおしゃれ

畳張りやしっかりした柱があるなど、味のある造りになっているのも築年数が古い賃貸物件の魅力! 和のインテリアがよりマッチします。和のテイストが好きな方には、最高のお部屋かも。

築年数が古い賃貸物件のデメリット

設備が充実してなさそう…/お部屋がきれいじゃなさそう

古い賃貸物件は、新築に比べて設備数が少なかったり、汚れて見えたりする場合もあります。でも、「築年数が古い=設備がない、部屋が汚い」というわけではありません。

設備が気になる場合は「この設備は、自分にとって絶対必要か」を判断した上で、築年数ではなく、その設備が希望のお部屋にあるかないかで絞って検索しましょう!

また、内装のきれいさは実際に内見して確認するのがおすすめ。その際には、不動産会社に今後クリーニングやリフォームを行う予定はあるのか、を確認してみるとよいですよ。
耐震性のような建物の強度が不安

48f3f6eda33963a50a960aff841a9cd5_s
1981年の建築基準法改正後、それ以降に建てられた建物を「新耐震」、それ以前の建物を「旧耐震」と呼びます。2017年の現在は「築36年以下」の建物なら新築の建物と同じ、新耐震基準のより厳しい建築基準をクリアしています! そのため「築36年以下」なら建物自体の強度を不安に感じる必要はありません。

また、「耐震性」は築年数だけでなく、地盤の強さや建物の構造など、さまざまな要因と関連があります。一概に築年数が古い=強度がもろいとはいえません。虫が出やすい

建物の経年劣化などが原因で、虫が出やすいと思われている築年数が古い賃貸物件。なるべく遭遇したくない方もいますよね……。でも、きちんと防虫対策を行えば安心!

例えば……
・バルサンをたく
・窓を開けるときには網戸をする
・生ゴミ等はお部屋に貯めない

また、エイブルで賃貸物件を契約した際には、入居時にお部屋のキッチンと玄関をプロの技術で駆除してもらうことができるメニューを追加で頼めます! 気になる方は店舗のスタッフに聞いてみましょう。

まとめ

築年数が古い賃貸物件のメリットをご紹介しました。最近では、古いお部屋を自分なりにアレンジした写真をSNSやブログでアップしている方も多くいます。さまざまなアレンジ方法を見ていると、住まいを自分なりに楽しむ方法が分かってワクワクすることも。

築年数にこだわらずに、自分が居心地のよい暮しを考えてお部屋探しをしてみるものよいかもしれません。
chintai_bnr_pcこれは知らなかった! 築年数が古い賃貸物件の意外なメリット

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。