ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美容院での「あれ、こんなはずじゃ……」を防ぐ為には?

モテヘア

皆さんは美容院に、事前にやりたい髪型を決めて行くタイプですか? 美容師さんと相談しながらその場で決めるタイプですか?

どちらにしても参考となるのが、雑誌や専門誌に載っているヘアカタログ。大体がショート、ミディアム、ロングなど髪の長さ別に様々な髪型が紹介されています。眺めているだけで、「カラーもしようかな」「パーマもかけちゃおうかな」などとワクワクしてきますよね。

けれど、美容院で恐いのが切り終わった後。完成した状態を見て「え、思ってたのと違う……」と愕然とした経験はありませんか?

それはきっとへアカタログの髪型ではなくて、モデルさんの“顔”を見ているから。髪型を見ているつもりでも、ついつい好みの顔のモデルさんを探してしまっているのでは無いでしょうか。

実際に女子に聞いてみると「言われてみれば、確かにそうかも」という意見が続出。「髪型じゃなくて顔ばかり見てたかも」「完成した後にガッカリすることが多かったけど、今思うと美容師さんは全く悪くない(笑)」「髪質や顔の形でも似合う髪形が左右されるのかも」と皆さん何かしら心当たりがある様子です。

とはいえ「せっかく美容院に来たんだし、気に入った髪形に少しでも近づきたい!」そう思うのが乙女心。どうオーダーするのが失敗が少なく、かつ自分の意志を伝えられるのでしょうか?

現役の美容師さんによると、1枚の画像や写真を見せて「これでお願いします!」というと、あまりにもそのイメージが強く、実際の仕上がりとのギャップが生じやすいので「近いイメージの画像をいくつか見せる」のが良いそうです。

そこから、その髪型を実際に自分がやるとどうなるか、相談しながら調整してもらえば、理想のイメージにぐっと近づくことが出来るそうです。女子であるからには、髪型を失敗して半泣き状態……なんて状況は絶対避けたいモノ。今後のオーダーの参考にしてみてはいかがでしょうか。

※画像は「ホットペッパービューティ」より引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy