体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンガポールで1日王道デート!たった1日で何カ国も旅した気分になれた

第93回ピースボートで世界一周中の林仁美さんが、寄港地であるシンガポールからその様子をレポートしてくれました!テーマはずばり「シンガポール王道デート」。仲良しな彼と2人でシンガポールの観光地を巡る旅、ぜひお楽しみ下さい!

 

いざ、デートへ出発!

AQUH1676

今日はシンガポールで王道デート!ということで、彼氏(たか)と思い切ってお揃いコーデでお出掛けです。日本から持ってきたお揃いの帽子と、PEACE BOAT船内でGETした水先案内人ラッパーGAKU-MCさんの「LIFE IS JOURNEY」のTシャツでシンガポール港を出発しました。

SONY DSC SONY DSC

午前中にアラブ・ストリートとリトルインディアへ。まずはアラブ・ストリートにある、スルタン(サルタン)・モスクを目指して歩いていると、なんとも可愛い壁画を発見!※1

IMG_3738

壁一面に絵が描かれていて、クオリティも高く、撮る場所によっておもしろ写真が何枚も撮れます!カップルはもちろん、友達と周るのにもめっちゃ良いスポットですね。こういった壁画はアラブ・ストリートに限らず、シンガポール街全体にあり、その地域ならではの壁画がたくさん楽しむことができます。

IMG_4967 IMG_4973

自分のお気に入りの壁画を探しながら観光すると、さらにその町を楽しめるのでおすすめです。

 

モスクへ到着!

IMG_3836

そのままカラフルなお店が立ち並ぶ道を歩いていくと、スルタン・モスクに続くBussorah Streetに到着。お洒落な飲食店が多く、途中にはセブンイレブンなどもあり観光客でにぎわっています。Bussorah Streetの近くには、カフェや個性派ショップが並ぶhaji Laneなど、幾つかの通りがあり、ご飯を食べたり休憩するにはこの辺りが良いかもしれません。

IMG_3826

通りを堪能しながら、ようやくスルタン・モスクに到着!モスクに着くなり、たかはカメラに夢中です。モスク前は巡礼者が多いのか、市民の広場にもなっていて子ども達が走り回っていました。せっかくたどり着いたというのに、モスク内に入ろうとすると、ちょうど昼休みで入れなかったのは残念でした。※2

ここで寺院での豆知識ですが、だいたいの寺院は靴を脱いでから中へ入り、肌の露出がある服装の場合は上着を貸してくれることもあります。ですが、断られる事もあるかもしれませんので注意が必要です!また、寺院内は巡礼者だけの聖域があり信者以外は入ってはいけない箇所もあるのでこれも気をつけてください。

 

お土産屋さんでショッピング

SONY DSC

入れなかった代わりに、モスク目の前のお土産屋さんでショッピング。お店によって値段もそれぞれ。可愛い小物、お揃いのTシャツ、バラマキお土産などもGET!船内で人気の民族衣装、シンガポール航空の制服が他のエリアより断然安く手に入りました♪※3

SONY DSC IMG_3860

アラブ・ストリートを抜けて、ブギス駅を通り北部に向かってリトルインディアへ!インディアエリアに入るなり、街の匂いがスパイシーに。

SONY DSC IMG_4046

スパイスの匂いと、よりカラフルな建物、店の雰囲気や清潔感など、アラブの街並みとガラリと変わります。そんな街中にあるのがスリ・ヴィーラマカリアン寺院です。街中でひと際目立つ色鮮やかに彩られた神々を見ることができます。

寺院内では靴を脱いで入り、運が良ければカレーや水をいただくことができます。寺院の向かいのわき道に入ると、隠れ家のように市民の広場としてパラソルTREEがあるので探してみてください。※4

SONY DSC

駅に向かう途中には、街中で今まで見てきた壁画を、まさに今描くぺインターのお兄さんにも出逢えるという奇跡がありました!

 

食べ物おいしいチャイナタウンへGO!

SONY DSC

さて、ここからは電車に乗って、食べ物おいしいチャイナタウンへGO!チャイナタウンの駅を降りれば、雑貨店や出店、カメラ屋、ヘナタトゥなど何でも揃う街が広がっている。そんな賑やかな道を通り抜けて、スノーアイスで有名な「味香園(Mei Heong Yuen)」へ行ってきました。

IMG_5201

色んな雑誌に載っている有名店で、店内は多くの人で混み合っている。店舗自体が3部屋分連なっているので、待たずに入れました。スノーアイスの種類も豊富で、注文はレジでテーブル番号を伝えて支払えばテーブルまで持ってきてくれます。

関連記事リンク(外部サイト)

日本人ならピースボートクルーズに乗るべき8つの理由
余分な荷物を「船」に置き去りにして、南米をバックパッカー出来たワケとは?
船に乗るときに使える英語フレーズ20選
3ヶ月のピースボートって退屈なんじゃない?乗船者の1日をご紹介

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。