体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2000円以下でてんこ盛り!大満足の豪華ご当地海鮮丼【東海】

2000円以下でてんこ盛り!大満足の豪華ご当地海鮮丼【東海】 米っ子寿司 龍巳

初詣に温泉、いちご狩り…と、おでかけする機会が多いこの季節。

新年早々お財布が厳しい!という人に向けて、ALL2000円以下の海鮮丼をご紹介します!

伊勢の浜与本店さんでは答志島産のしらすがどっさり!蒲郡の辰巳さんでは三河湾産アカザエビがどーん!紀北町の吉野寿司さんでは熊野灘のブリがたっぷり!下伊那の米っ子寿司龍巳さんでは幻の魚アルプス・サーモンが!

どこもこの値段で食べられるの!?と驚くほどお値打ちな丼ばかり。

この機会に食べに行ってくださいね。

浜与本店 外宮前店【三重県伊勢市】

透き通ったしらすがたっぷり。答志島に伝わる漁師メシ。

生しらす丼

答志島産100%。生しらすならではの、つるっとした喉ごし

生しらす丼 1300円

答志島で江戸中期より続く水産加工の老舗の直営店。

奥が食堂になっており、昼のみ食事ができます。

人気NO.1は生しらす丼。

食べ方は生姜&黒ちりめんのダシ醤油と、酢味噌の2種類ありますが、酢味噌をつけて食べるのが答志島流。

社長の浜崎さん曰く「答志島では春と秋の年2回しらす漁を行っています。

新鮮な状態で急速冷凍し、しらすの細胞や繊維を壊さないよう自然解凍しているので、生しらす丼のしらすはふっくらプリプリの食感が特長です」とのこと。

生しらすならではのつるっとした喉ごしを楽しんで。浜与本店 外宮前店 みやげコーナーの奥が食堂。小上がり(写真)のほかテーブル席も浜与本店 外宮前店

外宮参道の入口に構える。生しらす丼はここと、おはらい町で味わえる 浜与本店 外宮前店(はまよほんてん げくうまえてん)

TEL/0596-63-8003

住所/三重県伊勢市本町14-3

営業時間/9時~17時※食事は11時~LO14時30分

定休日/不定

アクセス/伊勢道伊勢西ICより3分

駐車場/近くにコインパーキングあり ※年末年始も通常営業

「浜与本店 外宮前店」の詳細はこちら

辰巳【愛知県蒲郡市】

天然ものはねっとり甘い!アカザエビが主役の海鮮丼。

三河湾海鮮丼

刺身が新鮮だから温かい白飯の上にのっていても生臭さがなく、おいしい。これは発見!

三河湾海鮮丼 1944円

三河湾の深海に生息し、愛知では蒲郡、形原、三谷の3港でしか水揚げされない希少なアカザエビ。

辰巳では20年以上前からこの希少エビを使った看板丼を提供しています。

通年味わえるが旬は1、2月。

というか脇役の刺身も豪華すぎ!

店主の菅野さんが言うには、

「アカザエビは元々漁獲量が少なく、水揚げされん日もあるけど、ウチはものを刺身で出せるのが強み。

やっぱ刺身は水揚げ港近くで食べる冷凍ものとは全然違うでね」とのこと。

豪華海鮮丼を味わいに出かけよう!辰巳 器や盛り付けも美しく女性好み。たまり醤油も1人ずつ醤油差しで出される辰巳

創業45年。各港は10分圏内 辰巳(たつみ)

TEL/0533-69-0696

住所/愛知県蒲郡市三谷町東前75-21

営業時間/11時~15時(LO14時30分)、17時~21時(LO20時30分)

定休日/水(祝日の場合は翌日)

アクセス/東名音羽蒲郡ICより20分

駐車場/30台 ※12/31・1/1休み

吉野寿司【三重県北牟婁郡】

すっきりとした脂の旨みが後を引く春先までの限定丼。

ブリ丼

ブリが苦手な編集担当も「このブリは食べられる」とブリに開眼!

ブリ丼 1500円

数日寝かせ、脂がのったブリを漬けで味わえる店。

煮切り醤油にくぐらせるのは、盛り付ける直前の1分程度。

切り身も分厚過ぎないので食べやすいんです。

すっきりとした脂の旨みは「トロ以上」という人も!

毎年12月から3月までの限定丼です。

店主の奥井さんにインタビューしたところ

「ブリは少し寝かせると脂がのってくるので、ウチは0℃の氷冷庫で2、3日熟成させています。

クドすぎず、すっきりした脂の旨みがこの辺のブリの特長。甘めの醤油との相性もばっちりです」と話してくれました。吉野寿司

紀伊長島港近く。地元漁師らにも評判。お米も三重県産を使用 吉野寿司(よしのずし)

TEL/0597-47-1647

住所/三重県北牟婁郡(きたむろぐん)紀北町東長島198-1

営業時間/11時~19時(LO18時30分)

定休日/木※事前に要問合せ

アクセス/紀勢道紀伊長島ICより2分

駐車場/5台 ※年末年始も通常営業

米っ子寿司 龍巳【長野県下伊那郡】

漬け!炙り!そぼろ!幻の魚が堪能できる一杯。

米っ子寿司 龍巳

イクラのように見えるのは、ますこの昆布醤油漬け

高森アルプス・サーモン丼 1080円

中央アルプスの清水で2年以上かけ育てられる幻の魚、アルプス・サーモン®。

脂が良質でクセがなく、「川魚はちょっと」という人にも好評です。

高森町のこのご当地食材を使った多彩な丼が、同店含め町内5店舗で味わえます。

店主の米山さんに聞いたところ「ハラ身は漬け、脂がのった背中側は炙り、中落ちは塩を軽く振り焼いてそぼろにしています。

炙りはポン酢のジュレでさっぱりと!一杯でいろんなアルプス・サーモン®を楽しめます」と語ってくれました。

漬け&炙りで楽しんで。米っ子寿司 龍巳

創業42年。掘り炬燵の座敷もあり、ファミリー層にも人気 米っ子寿司 龍巳(よなっこすし たつみ)

TEL/0265-35-4891

住所/長野県下伊那郡高森町吉田2196-2

営業時間/11時30分~14時(LO13時30分)、17時30分~22時(LO21時30分)

定休日/木

アクセス/中央道飯田ICよりアルプスロードいいだ経由、20分

駐車場/10台 ※年内12/29まで。1/5から通常営業

「米っ子寿司 龍巳」の詳細はこちら

※この記事は2016年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

オープン前から話題!食べる容器「コーンショット」が気になる!(東京)
カップルにおすすめ!広々休憩室&絶景自慢の貸切温泉6【熊本】
とっておきのご褒美旅におすすめ。日本全国の癒し宿、集めました。

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。