ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「謝罪でグレーのスーツはNG」 そのワケは?

「謝罪でグレーのスーツはNG」 そのワケは?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。1月30日(月)のオンエアでは、株式会社ナナラボ代表取締役でカラーキュレーターの七江亜紀さんにお話を伺いました。

カラーキュレーターとは、色彩の心理学をベースにカラーマーケティングをして、必要な色を足したり引いたり、音や香りも取り入れるなど全体の空間プロデュースをする仕事。クライアントはメーカーやクリニック、店舗、飲食店など企業から個人まで幅広いそうです。

色の持つ力や効果を組み合わせて新しいライフスタイルの価値観を提案されている七江さんに、さまざまなシチュエーション別におすすめの色使いを伝授してもらいました。

まずは「感謝の気持ちを込めて届けたい花束はどんな色にしたらいいか」。

別所は「赤とかがいいのかな…」と言っていましたが、恋人、友だち、お母さん、同僚など、相手によってなかなか難しいとは思いますが、できれば相手の好きな色を予めわかって用意するのがベストだそうです。ちなみに「愛の告白」は真紅の真っ赤なバラを用意するとよいそうですよ。

次は「新婚夫婦にプレゼントするお皿」。

これまでは白い食器が選ばれることが多かったようですが、実際料理をしてみると盛り付けが難しいことや、「白紙に戻す」という縁起の悪さなどもあるので、白はセレクトしない方がよい色。真っ白ではなく、白が一カ所入っているものが使い易く、相手にも喜ばれるそうです。

「謝罪のときに選ぶスーツはグレー」、これも駄目。

多くの人がグレー系のスーツを選びそうですが、心理学的に“白黒はっきりしない”中途半端な印象を与えるので、濃いめの紺色のスーツが好ましく、これは男女問わずに言えることだそうです。

七江さんの著書「色は無言であなたの心を動かしている。」(大和書房)ではその他にも子どもの成績が上がる部屋のつくり方や、色に向き合うためのヒントが数多く書かれているそうなので、気になる人は是非チェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy