ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「電通の先輩『CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ』」 ブロガー・はあちゅうさんのツイートに反響

はあちゅう

1月30日、ブロガーで作家の”はあちゅう”さん(@ha_chu)が『Twitter』にて

電通の先輩が、

「CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ。この会社にいる時点で普通ではないと自覚しろ。世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。そしてそれが日本の『普通の人』だ」

って言ってたの、一番役に立ってる教えの一つだ。

とツイートを行った。昨年2016年3月まで日テレ『スッキリ!!』のコメンテーターをつとめるなど、数多のブロガーの中でも屈指の知名度を誇るはあちゅうさん。自身は慶應大学を卒業し電通に入社という経歴を持つ。

昨年末に公表された過労自殺問題で、現在厳しい批判にさらされている電通。はあちゅうさんのツイートには、

「成る程、電通の上から目線感がよく分かりますね。先輩は現代日本で最も有名なブラック企業らしい格言の持ち主ですね。高等生命体の電通マンは下等生物レベルに合わせるため過労死でくたばっていくのですね。ご苦労様です。(お疲れ様とは絶対言わん)。」
「これのどこが役に立つ教えなのかバカなぼくにはわかりません。 このような考え方が反知性主義の温床になってるんじゃないでしょうか? 偏差値40って基準だけでCMとか映画とかテレビ番組を作ってきた結果が今の悲惨な状況になっているんじゃないでしょうか?」
「電通は大嫌いだし、即刻潰すべきだと思うが、 世の中には恐るべき量の恐るべき馬鹿がいて、しかもそれが日本の多数派だというのは一字一句たがわずその通り。 全く以てその通り。そうでなければここまで電通が持て囃されたりしない。」
「この発言は電通のイメージをさらに下げるための嫌がらせですよね?考えもなく注目集めるためにこの発言したのなら、一番バカなのは、あなたです。」

などなど、さまざまな反応が寄せられていた。

はあちゅうさんが、今この時期にこういったツイートを行った真意は定かではないが、実際のところどういった感じで「一番役に立ってる」のかはとても興味のあるところである。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。