体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【酒池肉林】池袋「300B ONE」でステーキの食べ放題を堪能してきた

f:id:Meshi2_IB:20161225104059j:plain

お肉。

それは人間が本能的に求める衝動。たまに「飽きるほど、とことんお肉をむさぼりたい!!」って欲求が体中にみなぎることってないですか?

でも、ただたくさん食べるだけじゃなくて、お肉の質にもこだわりたい。できれば胃袋とともに心も満たしたいと思うもの。その点、今回ご紹介する池袋のステーキハウス「300B ONE」はお肉を好きなだけ食べられ、しかもそれが感動的においしい、そしてお肉以外のメニューも豊富にそろっているという夢のようなお店なのです。

……何それ、お肉の桃源郷か! 酒池肉林ってこういうことを言うのかもしれません……(ちがいます)!!

さっそく食べ放題のイメージを覆される

池袋駅西口のa1出口を出てすぐのところにある、ステーキハウス「300B ONE」。

f:id:Meshi2_IB:20161225104051j:plain

今回、こちらでおこなっている「ステーキ・オリジナル料理・デザート2時間食べ放題コース」に私もチャレンジしてみることにしました。

料金ですが、食べ放題は女性 3,100円、男性はプラス 500円。ワンドリンク制で、飲み放題は 700円~です。

一般的な食欲の持ち主である筆者(女性)でどのぐらい食べることができるのか、参考になれば幸いです。

時間制限は2時間でラストオーダーは30分前。最初に前菜、サラダ、ステーキのコースを食べてから、好きなメニューをオーダーできるという流れです。

ここで私はピンと来ました。最初にパンやサラダ、低価格のお肉を多めに出すことで、お客さんの胃袋をある程度満たすつもりなのではないか、と。食べ放題の中にはそういうお店もありますよね。

しかし、まずその予想からして覆されました。

f:id:Meshi2_IB:20161225104109j:plain f:id:Meshi2_IB:20161225104108j:plain

パンやサラダは少量なのですが、これがとてもおいしい!

聞けば「サラダのドレッシングも手作り」とのこと。

f:id:Meshi2_IB:20161225104110j:plain

こちらのお店、手作りできるものはできる限り手作りで、という考え。そのため、ステーキのソースもお手製、デザートにいたってはケーキ類はお店のオーブンで毎日焼くというこだわりぶりなのです。

……ちょっともうしょっぱなから「安かろう、でも味もきっとそこそこに違いない」というイメージを覆されました。……これは先が楽しみになってきた!

赤身のうまさを堪能。リブロースステーキ

f:id:Meshi2_IB:20161225104107j:plain

さて、肝心のお肉を焼いていきましょう。最初に全員に提供されるのが、若姫牛のリブロースステーキ。

目の前で見て、あまりのボリュームにビックリです。

そして色! とても美しいピンク~赤色をしていて、お肉のプロというわけではない私でも「あ、新鮮そう!」とわかります。それこそ、自分の中の本能が「これはおいしいお肉!」と訴えている。

f:id:Meshi2_IB:20161225104116j:plain

これを鉄板に乗せてジューーーーーッ……ああもう、至福の音です。

またまた驚くべきことに、お肉はどれも冷凍モノはなし。

牛や豚はもちろんのこと、鹿や馬にいたるまでチルドで運ばれてきたものをお店でさばくのだそうです。……そりゃ新鮮に決まってます!

f:id:Meshi2_IB:20161225104101j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。