ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LEGO BIG MORL、結成10周年自主企画ライブで盟友・back numberと対バン

LEGO BIG MORL、結成10周年自主企画ライブで盟友・back numberと対バン

現在、バンド結成10周年イヤーを精力的に活動しているLEGO BIG MORLが、ゲストにback numberを迎え、1月27日、大阪・なんばHatchにて、自身主催のライブイベント「“Thanks Giving” vol.8」を開催した。

一見、共通点がなさそうなこの2バンドだが、実はLEGO BIG MORLのメンバーと、back numberの清水依与吏(Vo&Gt)、小島和也(Ba)は同い年で、2009年に行われたイベントに一緒に出演したことから縁を深め、今でも互いに刺激し合える仲だという。

まずは、ゲストであるback numberがサポートメンバーを従えてステージに登場。「青い春」からライブをスタートさせると、すぐに客席から大きな手拍子が起こり、さらにそれを「踊ろうぜ!」と清水が煽る。続けて「MOTTO」と、アグレッシブなロックナンバーをたたみ掛け、後のMCでLEGO BIG MORLのタカナヒロキ(Gt)に「(back numberの)ワンマンかなと思った(笑)」と言わせるほど、一気に自分たちの流れを作る。

その後も、昨年末にリリースされたばかりのベストアルバム「アンコール」から、ヒット曲の数々を惜しげもなく披露し、最新曲「ハッピーエンド」では、そのギターのイントロが鳴った瞬間から歓声があがり、「スーパースターになったら」では会場一体となっての大合唱を起こす。

今回の“ゲスト”であり、清水の言葉を借りれば“褒めてくれる人”の人数が多いback numberが、LEGO BIG MORLに全く遠慮せず、冗談で「LEGO BIG MORLの息の根を止めに来ました(笑)」と言っていたが、あながちそれも冗談でもなさそうな気合いの入った演奏を見せてくれた。

セットチェンジの後、ライブの幕開けを祝う鐘の音のようにも聞こえる「バランス」のイントロとともに、LEGO BIG MORLのカナタタケヒロ(Vo&Gt)、タナカ、ヤマモトシンタロウ(Ba)、アサカワヒロ(Dr)の4人がステージへ。back numberがサポートを含めて6人編成だったこともあり、同じ場所に立つLEGOの佇まいが、いつもに増してシンプルで潔くも見える。ホストらしく「“Thanks Giving”へようこそ!」(カナタ)と挨拶し、演奏を始めると、1曲目からカナタの伸びのある歌声を会場の隅々まで届け、「Blue Birds Story」「Hybrid」と徐々に会場の熱を上げて行く。

中盤での「正常な狂気」で観客を熱狂させた直後に、バラードの「Ray」でその熱を一瞬にして歌に集中させる流れや、「Strike a Bell」から、メンバーにも観客にも笑顔が溢れたラストの「RAINBOW」で生まれた一体感など、たった10曲ながら、現在のLEGO BIG MORLの旨みを存分に詰め込んだ内容だった。

MCでは「ダメな曲を出したときにダメだって言い合える仲」と清水が言えば、普段はステージではあまり多くを語らないヤマモトが、「今日(back numberが)出てくれたことも簡単じゃなんですよね。俺らの10周年のタイミングだから出ますって。めっちゃ感謝してます」と、お互いを想い合う言葉を掛け合う。かと思えば、ここ最近の“Thanks Giving”では恒例となっているアサカワの一芸?でもあるコーラの一気飲みに、なぜか栗原寿(Dr)も付き合ってみたり、清水とタナカがお互いのケンカエピソード暴露しあったりと、社交辞令ではなく、本当に仲がいいところが度々垣間見れた。

さらに、アンコールでは、よく一緒に対バンをしていた頃にあったというエピソードも再現。当時、風貌が似ていたということでカナタに変わって、清水がステージに登場するも、長身のカナタのマイクに届かないというオチで笑いを取ったことがあるそうで、今日はこれだけはやろうと、2バンドで最初に決めたそう(笑)。その甲斐あってか、会場には大きな笑いが起こっていた。

そんなアンコールでLEGO BIG MORLは、温めていたことを清水に怒られたという新曲も披露。3月29日に発売される5thアルバム「心臓の居場所」、そして、その発売前日に新木場STUDIO COASTで行われる「LEGO BIG MORL 10th anniversary SPECIAL LIVE」への期待が高まる形で幕を閉じた。

また、アルバム「心臓の居場所」に収録される「君の涙を誰が笑えるだろうか」が、「J SPORTS STADIUM2017」中継テーマソングに決定した。

この楽曲は、J SPORTSのプロ野球中継にて2月1日のキャンプレポートから1シーズン通してテーマソングとしてオンエアされる。

Text by 瀧本幸恵
Photo by hub

LEGO BIG MORL・タナカヒロキ(Gt)コメント
一瞬一瞬に生きるアスリートの生き様が好きだ。
僕らは本当の意味でその尊さはわからないのかも知れないけど、それでも手に汗握り、涙する僕らは彼らに永遠の感動をもらってるんだな。
僕らもそこに少しの彩りを与えれたら幸せです。

セットリスト
1.バランス
2.Blue Birds Story
3.Hybrid
4.end-end
5.Wait?
6.正常な狂気
7.Ray
8.花束(back number カバー)
9.Strike a Bell
10.RAINBOW
E1.(新曲)

リリース情報
アルバム「心臓の居場所」
2017年3月29日(水)発売
初回盤(CD+Memorial Booklet+オリジナルラバーバンド)AZZS-60 3,600円(税込)
通常盤(CD)AZCS-1065 3,000円(税込)

関連リンク

LEGO BIG MORL オフィシャルサイトhttp://www.legobigmorl.jp/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy