ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原子力損害賠償支援機構と東京電力が電力デマンドサイドにおける「ビジネス・シナジー・プロポーザル」の募集をスタートします

「ビジネスプランコンテスト」改め「ビジネス・シナジー・プロポーザル」だそうです。応募対象者となっている事業の遂行力を有する法人等に心当たりのある方は東京プレスクラブ([email protected])まで、ご一報ください。

電力デマンドサイドにおける「ビジネス・シナジー・プロポーザル」の募集について~お客さまの目線に立ったピーク需要抑制の取り組み~

平成24年 1月 6日
原子力損害賠償支援機構
東 京 電 力 株 式 会 社

原子力損害賠償支援機構(以下、「機構」)と東京電力株式会社(以下、「東京電力」)は「改革推進のアクションプラン」(平成23年12月9日公表)を実行に移し、その中で「ピーク需要抑制策の検討・実行」について具体的内容の検討を進めているところです。また、経済産業省より公表された「電力システム改革に関するタスクフォース論点整理」(平成23年12月27日公表)においても、需要側でのピークカット・ピークシフト等の「新たな需要抑制策」の必要性が改めて指摘されております。
両者は、その一環として、本日より、①供給側の対応だけでなく、需要側の対応により力点を置いた新たなモデルの導入、②お客さまの目線に立ったサービスの多様化、③外部の知見を活かしたオープンなイノベーションの実現を目指し、ピーク需要抑制に寄与する「ビジネス・シナジー・プロポーザル」を広く募集いたします。
機構、東京電力は、本取り組みを通じ、将来の設備投資削減等のさらなる経営効率化を進めてまいります。

原子力損害賠償支援機構と東京電力が電力デマンドサイドにおける「ビジネス・シナジー・プロポーザル」の募集をスタートします 原子力損害賠償支援機構と東京電力が電力デマンドサイドにおける「ビジネス・シナジー・プロポーザル」の募集をスタートします
東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy