体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カオスな物理演算マルチ対戦ゲーム『Gang Beasts』 大乱闘が生み出すハプニングに耐えられるか!?

Steamで行われるセールの中でもひときわ大きなイベントのウインターセール。2016年のウインターセールもSteamアワードの投票など大いに盛り上がった。

Steamの大きなセールではその値引きやセールに合わせたイベントといった様々な要因から注目を集める作品が現れる。今回のウインターセールもそうした作品がいくつか現れたが、その中でも一際注目を集めたインディーゲームといえば『Gang Beasts』だろう。

image04
 
『Gang Beasts』は開発中のゲームを販売し資金を集め、ユーザーからのフィードバックを得て開発に活かすSteamの早期アクセス制度を用いて現在も開発が続けられているマルチ対戦ゲームだ。PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」にて、1,980円で販売されている。

イギリスのインディディベロッパー「Boneloaf」がこの作品を早期アクセスで開発し始めたのは2014年8月。およそ2年半前にさかのぼる。早期アクセス開始当初から、そのコミカルなゲームプレイはSteamユーザーに注目されていた。

だが、本作は当初オンライン対戦を実装しておらず、オフライン専用のマルチゲームとして発売された。オフライン専用のマルチゲームはどれだけ面白くても販売が振るわない。しかも本作はパーティゲームの側面が強く、その傾向が顕著だった。結果、注目は集めたものの爆発的なヒットにはならなかった。また、本作は物理演算に重きを置いた作品であるためマルチ実装のハードルは高く、本当に実装できるのか不安視されていたのだ。

image07
 
だが、「Boneloaf」はそうしたユーザーの不安を跳ね除けるように地道にアップデートを進めた。ステージの追加、キャラクターのカスタマイズ、挙動の追加と調整、少しずつゲームは進化していった。そして2016年4月、ついにマルチプレイのクローズドベータが発表される。これにSteamユーザーは沸き立った。2年待ったマルチ実装が遂に目の前に来た!マルチプレイ正式実装を待つSteamユーザーの熱は日増しに高まっていった。

そうして時間はさらに過ぎた2016年12月、ついに『Gang Beasts』はオンラインマルチを正式実装する。待ちに待ったユーザーは燃え上がった。その絶好のタイミングでウインターセールに突入したものだから大変だ。今まで買い控えをしていた人たちがこぞって購入し、プレイヤー人口は激増。そしてSNSや動画サイト上でもその評判は拡散され、『Gang Beasts』ブームが巻き起こったのだ。

あまりのプレイヤー数の増加にサーバーが悲鳴を上げ、開発自ら現状を報告するにまで至ったのは少々興奮しすぎであったが、とにかく『Gang Beasts』がこのウインターセールで最も注目を集めたインディゲームと言っても過言ではないだろう。海外インディゲームの隆盛が届きづらい日本においても、2年前に発売されたゲームであるにもかかわらず話題になっているのだからすさまじい。

カオスな乱闘が生み出すハプニング

 

image06
 
これだけ注目を集める『Gang Beasts』の魅力とは一体何なのか?それはなんといってもプレイヤーの意図しない面白ハプニングだ。

『Gang Beasts』は3Dのステージ上で殴る蹴るの乱闘を繰り広げるパーティ格闘ゲームだ。プレイヤーは愛くるしい粘土人形のようなキャラクターを操作して戦いに臨む。最大8人までの多人数で対戦が可能だ。戦いを勝ち抜き、ステージに立つ最後の1人になれば勝者となる。

このゲームには敵のHPを減らして倒すという要素はない。敵をステージから叩き落してはじめて敵を倒したことになる。『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズに近いシステムだ。パーティゲームとしての側面が強いことも似ている。

操作はこんなぐにゃぐにゃな見た目の割に複雑で、右手と左手のパンチ、右手と左手の掴み、持ち上げ動作、ジャンプ、ダッシュ、キック、伏せといったアクションが用意されている。しかもこれらのアクションを組み合わせることで、ドロップキックや逆立ち、壁登りといった様々なムーブを行うことができる。タイミングがシビアで難しいが、極めればアクロバティックなアクションで敵を翻弄できるだろう。

image05
 
さて、このゲームの大きな特徴はキャラクターやステージがすべて物理エンジンで演算されるところだ。

このゲームは多くの物理演算ゲームがそうであるように、見た目通りのモデルで物理演算がなされる。当たり判定が大きく設定されているということもないので、プレイヤーはこの短い腕と足で戦わねばならない。結果、乱闘は常に団子状態。上にのったりのられたり、ハチャメチャな乱闘が繰り広げられる。

また、格闘ゲームでは投げ技で掴まれれば操作を受け付けなくなるといったステータスの変化があるが、このゲームにはない。例え相手に掴まれても、それは相手が自分の一部を掴んでいるだけにすぎない。なので、相手に掴まれながら相手の顔を殴りつけることも、ジャンプして抵抗することも、逆に相手を掴み返して膠着状態にすることもできる。操作するキャラクターが気絶さえしていなければ、プレイヤーは常に自分のキャラクターを操作が可能だ。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。