ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手抜きしたって自分好みの麻婆豆腐は作れる

f:id:uralatokyo:20161128155646j:plain

麻婆豆腐、多くの日本人に愛される中華料理の王道です。ひき肉と豆腐を加えて煮立たせればできあがりという「麻婆豆腐の素」も、実にさまざまな種類が売られています。中にはひき肉入りのものまであって便利。

そこでひき肉入り麻婆豆腐の素を使って、どんなあんばいか見てみました。

f:id:uralatokyo:20161128155704j:plain

フライパンに指定の量の豆腐と長ねぎ、そして麻婆豆腐の素を投入した状態。

……いやな予感がします。

f:id:uralatokyo:20161128155724j:plain

そして、これがひき肉入り麻婆豆腐の素を使ったでき上がりの状態。がーん。ひき肉は、ひき肉はどこ?

f:id:uralatokyo:20161128155744j:plain

寄ってみても、ひき肉の存在を感じられません。

せっかく便利な麻婆豆腐の素があるのに、仕上がりがこれでは悲しすぎます。そこで、この市販のたれを使って、自分好みの麻婆豆腐を作ってみましょう。それなら料理初心者でも挑戦しやすいですよね。

好みの味は人それぞれですが、今回は筆者の好みということで、 ひき肉いっぱい
しっかり辛い

この2点を追求したいと思います。

材料です。

<材料(2~3人分)> お好みの麻婆豆腐の素 2~3人前入り1つ 豚ひき肉 130g (150gくらいあってもOK) 豆腐 200g (木綿豆腐のほうが崩れにくいけれどお好みで) にら 1/2~1束 (お好みの量で) 豆板醤 大さじ1 山椒 小さじ1 花椒 小さじ1 なくてもOK ラー油 適量

f:id:uralatokyo:20161128155829j:plain

山椒と花椒はこれ。花椒は粒状ですが、このまま使ってもいし、潰して粉末にして使ってもいいです。粉末になったものも売られています。花椒についてはあればベストですが、なければないでいけます。でも山椒はマスト! コンビニでも100円ショップでも売っているので、かならず用意してください。

f:id:uralatokyo:20161128155847j:plain

まずひき肉と豆板醤を炒めます。ひき肉から油が出るので、油は引きません。レシピによっては「ごま油で炒める」とありますが、ひき肉の油とごま油でもうギットギトなことに……。

f:id:uralatokyo:20161128155906j:plain

豆板醤は炒めると風味が増すので、最初に入れるのが肝心です。

f:id:uralatokyo:20161128155928j:plain

火が通ったら麻婆豆腐の素と豆腐を投入します。麻婆豆腐の素のパッケージに書かれている作り方では、1パックに対して豆腐は1丁、約350gで設定しているものが多いのですが、ひき肉の分を引かないと、たれが足りなくなります。200gだと、こんな風になかなかいいバランスです。

f:id:uralatokyo:20161128155948j:plain

また、みじん切りにした長ねぎを入れたものの、にらの存在感に完全に負けてました。なので長ねぎは不要かと。いざ、にらを投入!

写真は1/2束ですが、火が通るとあれっ? というほど小さくなりますから、1束いれるのもありだと思います。

最後に山椒、花椒、そしてラー油をお好みの量加えてできあがり。

同じ麻婆豆腐の素を使って、こんなに素敵なビジュアルに変身しましたよ!

f:id:uralatokyo:20161128160015j:plain

▲写真は出来上がりの半分量を盛りつけ

ひき肉! 存在感ばっちり!

f:id:uralatokyo:20161128160037j:plain

そして味も、辛くておいしい! しかも中華料理店で出されるような、本格的な味に近づいているじゃないですか!

その最大の理由が山椒です。山椒が辛さだけでなく、味に深みを与えてくれているようです。これほどいい仕事してくれるとは、山椒さん……すごい。

激辛好きは豆板醤を増量し、肉好きはひき肉をもっと増やすのもありです。豆腐の代わりになすを使えば麻婆なすにもなってくれますね。

麻婆豆腐の素は、とても便利で重宝するもの。料理上手な人は「そんなの使うのは手抜きだ」と思われるかもしれませんが、料理に対して「ここまで頑張れる」という基準は十人十色。「こういうソース使えば俺でも作れる」という人は、どんどん使いましょう。なんてったってこのビフォーアフターが楽しめますから!

●ビフォー

f:id:uralatokyo:20161128155744j:plain

●アフター

f:id:uralatokyo:20161128160037j:plain

書いた人:椿あきら

椿あきら

猫の下僕をしているライターです。猫と暮らすようになってから、断然家飲み派になりました。著書に『オリンピックと自衛隊 1964-2020』(並木書房)。 Twitter:@nananatsubaki

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【リピしまくるほどジャンクなウマさ】たこ焼きの具材でチャーハン
【料理実験】ステーキ肉を超やわらかウマ~くするための研究【理系メシ】
豚の角煮バリエーション! 家で美味しい酒のつまみを作ろう

グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy