体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

560円で食べられる「谷町 一味禅」の天丼がうますぎる【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20170111000416j:plain

こんにちは。メシ通レポーターのケメコです。

ランチ代ってなるべく安めに抑えたいですよね。日々の生活もありますし、昼は節約しておいて夕飯に重点を置くって人も多いはず。わたしもそのスタンスです。

でもだからといって「安かろう悪かろう」ではちょっといただけません。なるべく安く抑えつつも、うまいものが食べたい! それに尽きます。

というわけで日々素敵なランチスポットを探しているのですが、見つけましたよ、かなりイイお店を。

f:id:mesitsu_lc:20170111000516j:plain

今回ご紹介するのは「谷町 一味禅」。こちら、夜は海鮮居酒屋さんなのですが、ランチメニューの「天丼」がとっても美味&安価なのであります!

たった560円で極上の天丼が食べられる!

「谷町 一味禅」は2001年11月にオープン。最寄り駅は大阪市営地下鉄「谷町六丁目」です。

f:id:mesitsu_lc:20170111000541j:plain

全国丼グランプリ「天丼の部」で金賞を受賞したこともあるお店。確かな実力がうかがえます。

f:id:mesitsu_lc:20170111000600j:plain

お店に入ると、まずはカウンター。

f:id:mesitsu_lc:20170111000620j:plain

カウンターの奥には、ゆったり座れるテーブル席があります。意外と奥行きがあります。

f:id:mesitsu_lc:20170111000704j:plain

カウンターの上には丼メニューがずらり。もちろん、お目当ては560円の天丼(並)です。

調理中の様子を撮影させていただきました!

f:id:mesitsu_lc:20170111000727j:plain

天ぷらがじゅわじゅわといい音をたてて揚がっています。「谷町 一味禅」の天ぷらのこだわりは、まずは「粉」。サクッと揚がり、温かいときはもちろん冷めても美味しくいただけるようブレンドされているそう。

f:id:mesitsu_lc:20170111001005j:plain

さらに「揚げ時間」もポイント。ちょうどよい頃合いを見極めつつ、じっくりと揚げていきます。

f:id:mesitsu_lc:20170111001044j:plain

揚がった天ぷらをご飯の上に乗せたら、「秘伝のタレ」が登場。タレもこだわりの逸品で、オープン以来守り続けている味なのだとか。

f:id:mesitsu_lc:20170111001320j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。