体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アート作品に囲まれて泊まるホテルで東西文化の交差点「シンガポール」を体感!

真っ赤な倉庫のような建物の中に入ると、金色に輝くゾウがどーんと控えています。その奥に見えるのはやはり黄金色のサイ! 反対側にはやはりキラキラと輝くバンヤンツリーが大きな枝を広げています。

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)Hotel Vagabond Singapore

1950年代、の建物をリノベーション

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)Hotel Vagabond Singapore

ギャラリーとも、おしゃれなナイトクラブとも思えるようなこちらは、「ホテルバガボンド トリビュートポートフォリオ シンガポール」(以下、ホテルバガボンド)のロビースペースとバー。このところシンガポールや香港では古い建物をリノベーションしたホテルが増えていますが、こちら「ホテルバガボンド」もそのひとつ。1950年代、イギリス植民地時代に建てられた、アールデコ様式の建物の中をリノベーション。4階建て計41室のホテルとして2015年にオープンしました。

フランス人デザイナー、ジャック・ガルシアがデザイン

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)kelly

とびきり独創的なこちらのホテルをデザインしたのは、これまでも数々のデザイン性の高いホテルを手がけ、多くの受賞歴を誇るフランス人デザイナー、ジャック・ガルシア。彼が作りあげる50年代と現在のシンガポールが共存する空間に、オーナー夫妻のアートコレクションが点在。さらにイギリスのアーティストが監修した絵画なども加わり、斬新さと居心地のよさ、スタイリッシュさと懐かしさが共存する、魅力あふれるホテルが誕生しました。

(次のページに続く)

ホテルを象徴する「黄金のバニヤンツリー」

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)Hotel Vagabond Singapore

金色に光るゾウは、ゾウが好きだというガルシア氏のセレクト。バーにちょこんと鎮座するサルの像は、フランスのアーティスト、フランク・ルレイ氏の作品です。建物の中で枝を広げる「黄金のバニヤンツリー」は、インドの王家の防具を作り続けてきた老舗による工芸品。じつはこちら、ホテルを象徴する存在でもあると同時に、建物の古い柱の保存に役立っているんですって! 
また、ロビーに置いているアートやデザイン本の多くは、オーナー一家がモンゴル、キューバ、チリ、ボツワナ、アルゼンチンに旅し、年月をかけて収集したものです。
そう、ホテル内には多種多彩なアートがいっぱい。アート作品に泊まるような特別な体験ができるのです。

日本への国際電話が無料のスマホが利用可能!

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)Hotel Vagabond Singapore

客室は約20㎡~と決して広くはありませんが、心躍る色彩豊かな空間に仕上がっています。

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)Hotel Vagabond Singapore

ベッドボードには厳選された飾られた絵画や写真が飾られていて客室もアート! イタリア産大理石とガラスモザイクのバスルーム、マホガニーの家具など、ハード面にも妥協なし! 快適な滞在を約束してくれます。

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)Hotel Vagabond Singapore

客室ごとに1台、スマホが置かれていて、滞在中は自由に使用できます。こちらWi-Fiはもちろん、日本への国際電話も無料というのはうれしい限り!

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)Hotel Vagabond Singapore

(次のページに続く)

豪華なインテリアに彩られた、“パリのサロン”で憩う

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)kelly

こちらのホテルを訪れたらぜひ楽しみたいのが、ロビー奥に位置する「バガボンドサロン」。 “パリのサロン”をイメージしたこちらの空間は、豪華なインテリアに彩られた、多目的スペース。朝はここが朝食会場となり、新進気鋭のミュージシャンやDJがイベントを実施することも。オリジナルカクテルや、東洋と西洋のテイストを掛け合わせた料理をいただきながら、東西のクロスポイント・シンガポールならではのアートな滞在をしゃれこんでみてはいかがでしょうか。

アート作品の中に泊まり、東西文化の交差点「シンガポール」を体感!
(c)Hotel Vagabond Singapore

[ホテルバガボンド トリビュートポートフォリオ シンガポール]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。