ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

壮大な世界観を表現した「HiGH & LOW THE LIVE」が映像作品として3/15リリース

壮大な世界観を表現した「HiGH & LOW THE LIVE」が映像作品として3/15リリース

ベストアルバム「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」の世界観が完全にリンクした壮大なスケールのライブ・エンタテインメントとして、4大ドーム18公演で開催した「HiGH & LOW THE LIVE」が、DVD/Blu-rayとして3月15日にリリースされる。

ドラマ・映画・アルバム・SNS・コミックス・ライブ・イベントの総合エンタテインメントが展開される「HiGH & LOW」プロジェクトは、EXILE・HIROが総合プロデュースを手掛けており、これまで2作のテレビドラマが放送。映画『HiGH & LOW THE MOVIE』『HiGH & LOW THE RED RAIN』が大ヒットを記録したのも記憶に新しい。

そんな「HiGH & LOW」の世界観にあわせた演出のもと、ドラマ、映画と連動した楽曲やテーマソングを収録したアルバム「HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」は、約40万枚以上の出荷を記録。「HiGH & LOW THE LIVE」では、それらの楽曲をフルに披露することはもちろん、このライブでしか見ることが出来ないコラボもあり、まさに壮大なスケールのステージを表現している。

曲ごとにアリーナ全面ステージ、バイク、カーアクション、パルクール、ドローン、そして殺陣等の映画、ドラマのシーンを彷彿とさせる想像を超えた演出が実現。さらに、「HiGH & LOW THE LIVE」でしか見ることのできない豪華アーティストが参加している。

また本作は、映画、ドラマの世界観を再現した約4時間全43曲を収録予定しており、アーティストとキャスト総勢450人以上のパラレルワールドを存分に楽しめる。

そして、特典収録されているドキュメンタリー・ムービーのテーマは「新たなるエンタテインメントの可能性に挑戦し続けるEXILE TRIBEの闘いの記録」。アーティスト、スタッフが語る「世界的エンタテインメントの側面」を語るインタビューを軸に構成した「HiGH & LOW」の全貌が見えるドキュメンタリーを映像化している。

リリース情報
「HiGH & LOW THE LIVE」
2017年3月15日(水)発売
初回生産限定盤:豪華三方背BOX仕様、未公開フォトブックレット付
(3DVD+スマプラ)RZBD-86296〜8 7,980円+税
(2Blu-ray+スマプラ)RZXD-86299〜300 8,980円+税
通常盤
(3DVD+スマプラ)RZBD-86301〜3 6,980円+税
(2Blu-ray+スマプラ)RZXD-86304〜5 7,980円+税
※商品の収録内容は豪華盤、通常盤共通

関連リンク

HiGH&LOW オフィシャルサイトhttp://high-low.jp/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy