ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【リピしまくるほどジャンクなウマさ】たこ焼きの具材でチャーハン

f:id:uralatokyo:20161124133732j:plain

みなさま、こんにちは。まる・しゃんかーるです。インドかぶれの日本人です。エスニック料理やジャンクな和食などを中心に繰り広げていきます。どうぞよろしくお願いします。

ある日のことですが、私はふと、たこ焼きの具材でチャーハンを作ったらうまいんじゃないか? と思い立ち、スーパーで材料を買って作ってみました。今回はそのレポートをしたいと思います。

まだ作ったこともないのに妄想の時点からすでに、今回作る「たこ焼き(の具材で作る)チャーハン」は、絶対おいしいと固く信じていました。それほどまでに、この料理を構成するメンバー全員の馴染み感とグループのまとまり感と郷愁感は、揺るぎない不動のものに思えました。

これから、私たちが子どもの頃からお祭りや縁日の屋台で親しんできた、あの懐かしの味「たこ焼き」をチャーハンに仕立ててみましょう。

材料は、たこ焼きレギュラー陣+ごはん

f:id:uralatokyo:20161124133348j:plain

材料(1人前) ゆでダコ 80g(1cm角に切る)
天かす 大さじ2〜3
青ネギ 大さじ2くらい
紅ショウガ 大さじ1〜2(みじん切り)
ごはん 茶碗1杯分 サラダ油 小さじ1〜2
お好み焼きソース
マヨネーズ
青のり
かつお節

材料をひたすら炒めるだけで完成!

f:id:uralatokyo:20161124133410j:plain

1.油をひいて熱したフライパンに、天かす、青ネギ、紅ショウガ、ゆでダコを入れて炒める。

※今回はいっぺんに具材を入れましたが、タコは火を通しすぎると硬くなるので、タコ以外の具材を炒めてから、最後にタコを加える方が良さそうです。

f:id:uralatokyo:20161124133442j:plain

2.具材を炒めている最中、たこ焼き独特の美味しそうな良い匂いがぷ〜んと漂い、たこ焼きアロマにいやされます……じゃなくて、食欲を思い切りそそられます。

f:id:uralatokyo:20161124133455j:plain

3.具材に油がよく馴染んだら、温かいごはんを入れ、ほぐしながら炒め混ぜる。

f:id:uralatokyo:20161124133645j:plain

4.ごはんが具材と混ざったら、お好み焼きソースを入れて和えながら炒める。

私はソースを2周回し入れました。具材の紅ショウガの塩気も加わるし、後でマヨネーズもトッピングするので、ここでは入れすぎないよう注意しましょう。

※もしも食べてみて薄かったら、完成後にもソースをかけられますよ。

f:id:uralatokyo:20161124133720j:plain f:id:uralatokyo:20161124133753j:plain

5.ソースと具材がよく混ざったら器に盛り、青のり、かつお節、マヨネーズをトッピングして完成です。

縁日の屋台のデジャブ感炸裂! こりゃあ間違いなく大好きな味ですなぁ

では、実食! まずはビールを一口飲んでから、たこ焼きチャーハンをパクリ。

f:id:uralatokyo:20161124133732j:plain

もぐもぐもぐ。ああ〜、これは知ってる味だわ。とっても懐かしい。お祭りで食べた屋台のたこ焼きの味だわネ〜。

期待を裏切らない味とでも言いましょうか、何の突飛さもない安心の味って言ったら怒られるかも? だけど、それが良いのよね! ザ・たこ焼き味のチャーハン。みんな大好きな庶民派のうまさでした。そしていつの間にかぺろりと完食。あ〜、おいしかったぁ! さっそくまた食べたくなりました。リピ決定〜!

というわけで、実は翌日も作って食べました。

f:id:uralatokyo:20161124133808j:plain

たこ焼きの具材さえ買い揃えてしまえば、あとは炒めるだけで、具材が勝手に美味しく仕上げてくれます。しかも、炒めている最中に具材から醸し出されるたこ焼きの匂いがたまりません。あれを嗅ぐだけでも、ビール2杯はイケそうな……。

何しろ、失敗いらずのたこ焼きチャーハン。ごはん以外のアレンジとしては、焼きそばや焼きうどんも安定のうまさかと思われます。みなさんもぜひお試しくださいませ。

※この記事は2016年12月の情報です。

書いた人:まる・しゃんか~る

まる

本のデザインをしたり、インド料理を作ったり、占ったりの人。吉祥寺で月イチ・インドカレー屋もやってます。年と共に落ち着く予定が、逆にとっちらかり中。とはいえ、腹が減ったら全てを中断してでも、食べることに没入したいワガママボディ。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【料理実験】ステーキ肉を超やわらかウマ~くするための研究【理系メシ】
豚の角煮バリエーション! 家で美味しい酒のつまみを作ろう
【東京の個性派ラーメン店まとめ】無数にあるラーメン店からさらに絞ったthe東京ラーメン3選

グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。