ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・ウィークエンドが通算4週目のNo.1、The xxが2位に初登場

【米ビルボード・アルバム・チャート】ザ・ウィークエンドが通算4週目のNo.1、The xxが2位に初登場

 ザ・ウィークエンドの『スターボーイ』が、通算4週目のNo.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 週間の総ユニット数が6万で首位を死守した、ザ・ウィークエンドの『スターボーイ』。全体的にアルバムのセールスが落ちていることもあり、収録曲のストリーミングが強いアーティストが、必然的に上位にランクインする。今週のソング・チャートでは、本作からの先行シングル「スターボーイ」が5位、「アイ・フィール・イット・カミング」が19位、「パーティー・モンスター」が36位に、それぞれランクインしていて、アルバムのセールスの内、6割近くが、これら収録曲のストリーミング・ポイントによるもの。

 初動枚数46,000枚で2位に初登場したのは、ロンドン出身のザ・エックス・エックスの3rdアルバム『アイ・シー・ユー』。2012年9月にリリースされた前作『コエグジスト』から、およそ4年半ぶりとなる新作で、アメリカでは前作で獲得した5位を上回る、最高位を更新した。本国イギリス(UKチャート)とベルギーでは、2作連続のNo.1デビュー、オーストラリア、ドイツ、アイルランドでは、初のNo.1獲得を果たしている。

 1月8日に開催された【第74回ゴールデン・グローブ賞】や、1月10日にノミネート作品が発表された【英国アカデミー賞 2017】、そして、1月24日にノミネート作品が発表された【第89回アカデミー賞】の影響を受け、今週も映画のサントラ盤が、上位にランクインしている。大本命の『ラ・ラ・ランド』は3位にダウンしたが、次週は再びセールスを伸ばすだろう。4位の『モアナと伝説の海』や、6位のブロードウェイ・オリジナル・キャスト盤『ハミルトン』、10位の『トロールズ』、17位の『スーサイド・スクワッド』、22位の『シング』なども、次週以降、ランクアップが期待される。

 フィラデルフィア出身、25歳のラッパー、PnBロックのデビュー作『GTTM:ゴーイン・スルー・ザ・モーション』は、28位に初登場。先行シングル「セルフィッシュ」が、ラップ・チャートで16位をマークするスマッシュ・ヒットを記録したことで、マニアを中心に注目されていた期待の新星だ。アルバムからの2ndシングルとしてリリースした、「プラヤ・ノー・モア」には、今週のソング・チャートで返り咲きの首位を獲得した、ミーゴズのクエヴォが、ゲスト参加している。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、25日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『スターボーイ』ザ・ウィークエンド
2位『アイ・シー・ユー』ザ・エックス・エックス
3位『ラ・ラ・ランド』サウンドトラック
4位『モアナと伝説の海』サウンドトラック
5位『24K・カラット』ブルーノ・マーズ
6位『ハミルトン』サウンドトラック
7位『4・ユア・アイズ・オンリー』J.コール
8位『ヴューズ』ドレイク
9位『ストーニー』ポスト・マローン
10位『トロールズ』サウンドトラック

関連記事リンク(外部サイト)

2月4日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
2月4日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
【米ビルボード・チャート】ミーゴズがソング・チャート首位返り咲き、The xxがALチャート2位に初登場(2/4付)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy