体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【料理実験】ステーキ肉を超やわらかウマ~くするための研究【理系メシ】

f:id:Meshi2_IB:20161028143815j:plain

やってまいりました、やわらか肉ステーキ選手権!

茉衣ちゃんは肉は好きですか?

「好きです! A5の飛騨牛か三田牛をレアで食べたいです!」

ぜ、ぜいたくだな。

今回はそういう、「お高いんでしょう?」な肉ではなく、庶民の味方、普通のスーパーでリーズナブルに買えるオーストラリア産ビーフだ!

f:id:hotpepper-gourmet:20170123111533j:plain

「でかっ!」

でかいだろう。これで1,099円。

「安!」

ほぼ600グラムだからな。立ち食いステーキ食べてる場合じゃないぜ。オーストラリアの牛は、主に飼料として牧草を食べているそうなんだな。

でも、主に牧草を餌にしている牛の肉は硬くなりがちと言われているんだ。さらに臭みがあるとも言われている。そこで、でかいけど安いオーストラリア産の肉を、もっとおいしくいただきたい。それもできる限り低コストで!

そういうわけでエントリー1番、ジャガード

f:id:Meshi2_IB:20161127180811j:plain

「なんですか、これ?」

業界用語でジャガードという便利グッズだ。硬い肉は筋が多い。だから筋を切ってやればいい。これで押しつけると肉の筋を一気に切れる。

「おもしろ〜い」

ブスブス、ブチブチと筋を切って、肉をやわらかくする。ジャガードは安いものだと1,000円ぐらいだから、ステーキ好きなら買っておくとお得だ。

続いてエントリー2番! マイタケ

f:id:hotpepper-gourmet:20170123111738j:plain

「ええっ? これでお肉がやわらかくなるんですか?」

そうなんです。テレビの某人気検証番組のHディレクター直伝のマイタケ酵素、リターンズ!

ヨーグルトに漬けるとか牛乳とか果物とか、いろいろとガッテンしてみた結果、マイタケがぶっちぎりで最強だった。マイタケの前ではライバルですらないから。タンパク質分解酵素マイタケプロテアーゼは、超絶レベルで肉を軟やわらかくする

こういう比較をすると、ワインは? とかオイルは? とかいう人もいるけど、それもすでに某検証番組で検証済み。その結果の最終かつ最強がマイタケ。

前回は水を加えたマイタケジュースに肉を漬けたが、今回はもっとダイレクトに行く。マイタケをちぎって……

f:id:Meshi2_IB:20161127180813j:plain

ミキサーで粉砕じゃあ!

包丁でみじん切りにして、少量の水と合わせても良いぞ。

f:id:Meshi2_IB:20161127180814j:plain

できたマイタケペーストを、

f:id:Meshi2_IB:20161127180815j:plain

肉に塗る!

f:id:Meshi2_IB:20161127180816j:plain

「脱毛ワックスみたい」

こんな風なの? あ、そう。へえええ。

次、 エントリー3番! 肉やわらか粉末・業務用

f:id:Meshi2_IB:20161127180817j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。