体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。

世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。

ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影しました。

透明度の高い海や湖を見ると、どれだけ透き通っているか、どれだけ深いところまで見えるのか、覗いてみたくなるものです。写真を見ると、世界一透明度の高い湖に立つ気分を、少しだけ味わえるかもしれません。世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。

撮影した時期は3月。気温はマイナス25℃でした。観光の際は、寒冷地での使用に耐えうるカメラを忘れないようにとのこと。

彼女の「Instagram」には、そのほかにも、カッパドキアの雪景色や、プラハの旧市街広場を眺める様子など、見応えがある写真がいくつも紹介されています。どれも、眩しくて、素敵です。旅行欲求が刺激されてしまうので要注意!世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。世界で最も古く、深く、透明度が高い、冬の「バイカル湖」を歩く。Licensed material used with permission by Kristina Makeeva

関連記事リンク(外部サイト)

透明度120%の湖 中国の世界遺産・九寨溝(きゅうさいこう)
【都内から1時間】「日本のウユニ塩湖」で、あの写真がとれる
【絶景】オーストラリアにあるピンク色の湖。その上をウイングスーツで飛んでみたら・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。