体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【関西エリア】3月に家族で行って良かったスポットランキングTOP20!

【関西エリア】3月に家族で行って良かったスポットランキングTOP20! 関西

3月に家族で行って良かった!とクチコミで人気のスポットをランキングでご紹介!

京都のお寺、大阪のグルメ、和歌山や兵庫のテーマパークなど家族みんなで遊びたいなら関西エリアへ!

温泉はもちろん、動物園や水族館、絶景スポットも豊富◎家族みんなで楽しめるスポットへ行こう♪

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

1位.アドベンチャーワールド 【和歌山県】

アドベンチャーワールド

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30401cc3310040117/photo/

海と陸の動物約1400頭が自然のままに生きる姿を間近に見ることができる。放し飼いの動物を専用車や列車型のケニア号に乗り見物できるサファリワールド・海のパフォーマンスが楽しめるマリンワールド・小動物と遊べるエンジョイワールドのほか、ジェットコースターや大観覧車のあるプレイゾーンなどがある。

\口コミ ピックアップ/

娘がパンダが好きで見に行きました。子供たちは終始喜びいろいろな動物を見ていました。

1日居ても飽きないと思います。

(行った時期:2015年3月)

何回か行きましたがいつ行っても楽しめます。サファリパークは子供が大好きですし、動物と近くで触れ合えるのでとても喜びます。

(行った時期:2015年3月) アドベンチャーワールド

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町堅田

「アドベンチャーワールド」の詳細はこちら

2位.清水寺 【京都府】

清水寺

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_26105ag2130012063/photo/

西国三十三ヶ所めぐりの第16番札所。「清水の舞台」として知られる舞台造りの本堂は釘を使わず縦横に組まれた柱が見事。舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔がある。桜,紅葉の名所でもある。

\口コミ ピックアップ/

京都の観光名所の1つの清水寺!人は、観光客で賑わっているので、かなり混み合っていますが、京都に来たという満足感が得れると思います。

(行った時期:2014年3月)

道中のプロセスが良いので楽しめます。

清水の舞台からの眺めは、美しく、なかなか絵になるとおもいますよ。

(行った時期:2016年3月) 清水寺

住所/京都府京都市東山区清水一丁目294

「清水寺」の詳細はこちら

3位.海遊館 【大阪府】

海遊館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27107cc3320040646/photo/

太平洋を取り囲む自然環境を再現した世界最大級の水族館。飼育展示されている生き物の数は620種、30000点にのぼる。同館で1番の人気者・ジンベエザメなどが悠々と泳ぐ巨大な水槽「太平洋」をはじめ、熱帯魚が泳ぐトンネル型の水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」、ペンギンたちのいる「南極大陸」など、趣向さまざまな水槽が魅力。

海遊館の建物全体で『環太平洋生命帯』を表現しているといい、見学者はいったん8階まで上がった後、スロープを下りながら、10の地域に生きるさまざまな魚たちや海の表情を間近に見ることができる。2013年3月に増設した「新・体感エリア」人気。再入館手続きをすれば、当日なら何度でも入館可能。夜5時以降に入場すれば、魚たちの夜の生態も垣間見える。

\口コミ ピックアップ/

海遊館といえば大水槽のジンベイザメが有名ですが、他の小水槽や海獣の展示も充実していて、数多くの海・川の生き物を見ることがてきます。

(行った時期:2016年3月)

デートスポットや家族でおでかけにおすすめです。たくさんの海の生き物に癒されました。建物もきれいですしすぐ横は大阪港で眺めがいいです。

(行った時期:2016年3月) 海遊館

住所/大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

「海遊館」の詳細はこちら

4位.道頓堀 【大阪府】

道頓堀

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27128ad2250133278/photo/

松竹座にカニ道楽、そしてグリコの看板などによって象徴される道頓堀は、大阪・ミナミの代表的な繁華街。道頓堀の名は、慶長17年(1612)に私財をなげうって川を開削した安井道頓(やすい・どうとん)の名前に由来。その後、幕府の都市計画によって道頓堀の南側に大坂中の芝居小屋が集められ、47軒の水茶屋が許可されて長らく日本の芝居の本場として栄えた。芝居に大勢の人が集まってくると、食べ物屋も自然に繁盛した。

現在、芝居小屋は戎橋近くの松竹座だけが残っているが、飲食店は道頓堀通りの北側にさまざまなジャンルの店が軒を連ね、一年中賑わいを見せている。また近年では、食と芸能のテーマパーク・道頓堀極楽商店街をはじめ、川面の遊歩道・とんぼりリバーウオークなども開業/開通し、道頓堀の新たなスポットとして人気を集めている。

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。