ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SafetyNetのアップデートによって非root端末でも「ポケモンGo」が起動しない問題が発生、USBデバッグの無効化で対処可能

Google が Android デバイスの不正な改変を検出するために導入した「SafetyNet API」を 23 日頃にアップデートした模様で、「ポケモン Go」が突然起動しなくなったとの報告が上がってきています。この現象は SafetyNet のアップデートによるもので、端末が勝手に改変されたということではありません。確認したところでは、非 root 端末であっても Android 6.0 で発生し、この場合は USB デバッグを有効にすると解消する模様です。手元の Pixel (Android 7.1.1)では USB デバッグを有効にした状態でも起動できるので、全ての端末に影響があるわけではなさそうです。SafetyNet は Google がメンテナンスしているので、Android のエンドユーザーにおいてはどうすることもできません。USB デバッグを無効にする対処法が発見されているので、もし同じ現象に遭遇した場合には無効化を試してみてください。SafetyNet のアップデートについては、Magisk も機能しなくなったと伝えられています。おそらく、Magisk といったグレーなアプリへの対策を強化したため「ポケモン Go」ユーザーに影響が出たと見られます。SafetyNet は Android Pay も利用しているので Android Pay が起動しなくなった場合も同様に USB デバッグの無効化をお試しください。Source : Reddit(1)(2)、Ch さん、情報提供ありがとうございます!

■関連記事
プラスワン、「RAIJIN」の発売日を2月1日に延期
リニューアルされたGoogle Voiceアプリのレビュー
Google Playストアから勝手に有料アプリを購入させるAndroidを標的にしたマルウェア「Skyfin」が報告される

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy