ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リサイクル古着がJAL航空機のバイオ燃料に生まれ変わる!? 2020年にはテストフライト開始へ

GreenEarthInstitute2日本航空、グリーン・アース・インスティテュート、日本環境設計の3社がパートナーシップを組み、リサイクルした衣料品からバイオエタノールを抽出し、エネルギーとして活用しようというプロジェクトを進めているという。

・衣料品に含まれる綿を微生物で分解

これには、日本環境設計がもつリサイクルの技術ノウハウが用いられている。同社ではイオンやマルイなど、すでに幅広い小売店と衣服のリサイクルネットワークを形成しており、数多くの実績がある。

GreenEarthInstitute1微生物を使い、衣料品に含まれる綿を発酵を通じて分解し、燃料となるエタノールを抽出する。

・紙など他素材も活用

ただし、綿から生み出される燃料では、飛行機で使用する膨大な分量をまかなうことは難しい。そこで、リサイクル過程で生じる他の繊維や物質(例えば紙など)も活用し、生産分量を増やそうと計画しているという。

・2020年のテストフライト開始が目標

現在最初の試験プラントを設立中で、2020年には既存の石油燃料と併用することで、テストフライトを開始し、2030年には商業生産にこぎつけたい意向だ。

そのままでは捨てられるはずの衣料品はただのゴミとなってしまう。環境問題の一因となるよりも、はるかに有用で有益な試みだ。今後の展開に大いに期待したい。

Green Earth Institute

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。