ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GReeeeN、約3,000件から選ばれたエピソードを基に「愛唄」の心あたたまるショートムービーが完成

GReeeeN、約3,000件から選ばれたエピソードを基に「愛唄」の心あたたまるショートムービーが完成

1月24日にデビュー10周年を迎え、同日、初のシングルコレクション「ALL SINGLeeeeS 〜& New Beginning〜」をリリースしたGReeeeN。今回、「僕と、私と、GReeeeNと。」と題し、特設サイトにてGReeeeNの楽曲にまつわるエピソードを募集した。この企画に集まった投稿はなんと約3,000件。ここから選ばれたエピソードを基にした「愛唄」のショートムービーが公開された。

今回の企画では、GReeeeNの楽曲を聴いて受験に臨んだ思い出、今はもう逢えない大切な人との思い出、甘酸っぱい初恋の思い出など、多くの方の思い出にGReeeeNの楽曲が寄り添っていることを感じられるものとなった。

そして、antenna*とのコラボレーション企画として、投稿されたエピソードを基に、GReeeeNの大ヒット曲「愛唄」のショートムービー『GReeeeN 「愛唄」 娘の演奏会 篇』を制作した。「愛唄」は2007年にリリースされた楽曲。GReeeeNはこの曲でブレイクし、今でも多くの方々に愛され、累計ダウンロード数は1,000万ダウンロードを超えるメガヒット曲。

ラブソングの大定番として人気の同曲を、今回はとある母娘をつなぐ楽曲として制作。このショートムービーは「愛唄」が発売された当時、長女を出産した母親からの投稿を基に作られた。9歳になった娘はブラスバンド部で「愛唄」の演奏をすることに。成長する娘とそれを見守る母。この母娘のテーマソングとして「愛唄」はかけがえの無い楽曲となっている。

投稿されたエピソード(原文ママ)
2007年5月に「愛唄」が発売されその数日後に私は長女を出産しました。GReeeeNをまだ知らず、出産した産院で初めて「愛唄」を聴きました。恋愛の歌詞なのにその時はただこれからの子育てを想像して。それまで音楽に関心がなかった私にGReeeeNは音楽の素晴らしさを教えてくれ、あっという間に惹き付けられて、子育てと共にGReeeeNを毎日聴き続けてきました。その娘も今年9歳、小学3年になりブラスバンド部に入部しました。市内の小中学校が集まる音楽祭で娘の学校が選んだ曲目が「愛唄」です。小さい体でユーフォニウムという大きな楽器で演奏している娘の姿に感動しました。「愛唄」、そして6年生の希望で卒業式に向けて練習している「遥か」… 自分で大好きなGReeeeNの曲を奏でる喜びを知ることも出来ました。私にとっても娘にとってもGReeeeNはいつも側にいてくれ寄り添ってくれました。

GReeeeN×antenna*特設ページ
https://business.antenna.jp/campaign/greeeen/

「ALL SINGLeeeeS 〜& New Beginning〜」特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/greeeen/allsingleeees/

関連リンク

GReeeeN オフィシャルサイトhttp://greeeen.co.jp
GReeeeN オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/GReeeeNofficial

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy