体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“肉離れ”は冬に多いって本当? 未然に防ぎたい肉離れ対策マニュアル

“肉離れ”は冬に多いって本当? 未然に防ぎたい肉離れ対策マニュアル
お正月太りを解消したいと思い、最近になって運動やスポーツを始めた方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、寒い冬の運動時に注意したいのが肉離れです。

今回は肉離れの概要や症状、肉離れが冬に多い理由、そして対処方法や予防方法を医師の建部先生に解説していただきました。

肉離れとは

“肉離れ”は冬に多いって本当? 未然に防ぎたい肉離れ対策マニュアル
自分自身の筋肉が過剰かつ急激な収縮によって、部分的な筋膜や筋線維の損傷、断裂を起こしてしまうことです。

発生のメカニズムについて、短距離走などで足に肉離れが発生するケースを分析すると、実はその疾走中の足を挙げる動作で起こるのではなく、地面に足をついた瞬間に起こるのです。

つまり、筋肉を収縮させて膝関節が曲がる時ではなく、膝関節の過伸展を防ぐために筋肉が引き伸ばされながらも収縮しているときに起こるということが示されます。

筋肉痛と一緒に考えてしまう方がいらっしゃいますが、筋肉痛は肉離れのように筋が部分的とはいえ、断裂したりするものではないので急激で激しい痛みは発生しません。

また、「腓返り(こむらがえり)」や「足が攣る(つる)」といった症状も同じように考えてしまう方もいますが、この2つは筋肉の痙攣によって起こるもので同じく肉離れとは異なるものです。

肉離れの症状

“肉離れ”は冬に多いって本当? 未然に防ぎたい肉離れ対策マニュアル
肉離れの多くはスポーツをしているときに、ふくらはぎの内側の中央上部(上中1/3部)や大腿部に生じたりします。その為、体重をかけると痛むために通常の歩行が出来なくなります。

具体的な症状としては以下が挙げられます。

患部の痛み(動作痛)

急激に筋肉が部分的な筋膜や筋線維の損傷を起こしてしまうことで、生じる急性の痛みでしばらくは治まりません。

適切な初期治療がなされないと痛みはなかなか取れないばかりか、かなりの高確率で再発しやすいです。

患部の痛みによる動作困難

患部の痛みに伴い、かろうじて動作、移動が可能な場合と、不可能な場合があります。

患部の腫脹

急激に筋肉が部分的な筋膜や筋線維の損傷により炎症が起こっている場合や、出血し血腫を形成した場合などに認められます。

患部の硬結

痛みや腫脹がひと段落したころに、自覚されることがある急性の炎症後、筋肉の瘢痕化とその部分の循環不全によるものです。

患部のへこみ、内出血

筋肉の部分的な筋膜や筋線維の損傷といったレベルではなく、ある程度しっかりした部分筋断裂まで進んでいる中等症以上の触診時にみられます。

その際はやや激しい痛みもありますし、内出血や当然ながら動作、移動困難を伴っていることも多いです。

肉離れの原因

“肉離れ”は冬に多いって本当? 未然に防ぎたい肉離れ対策マニュアル
■ 筋肉の柔軟性欠如
■ 筋力不足
■ 筋疲労
■ 過去の損傷
■ 体調不良
■ 電解質のアンバランスなど

上記のような様々な条件が重なった状態で、筋肉が過剰かつ急激な収縮を伴う運動、動作で発生する、とされています。

ただ、多くのスポーツ選手はこのような動作を多くこなしていますが、肉離れになる確率は実はかなり低いことを付け加えておきます。

冬に肉離れが多いとされる理由

“肉離れ”は冬に多いって本当? 未然に防ぎたい肉離れ対策マニュアル
そんなスポーツ選手であっても、冬には肉離れが起こりやすいとされており、以下の理由が考えられます。

1:寒さ

外気温の低下に伴い体温も下がり、四肢の骨格筋レベルの末梢循環血液量が少ないのところに急激な運動負荷が発生すると、部分的な筋膜や筋線維の損傷も発生しやすいと考えられます。

2:不十分なウォーミングアップ

ウォーミングアップが不十分だと、その後の急激な筋運動に見合った血流供給が少なくなり、部分的な筋膜や筋線維の損傷も発生しやすいと考えられます。

3:もともと体が硬い

普段あまり体を動かしていない人が急に運動をすると、筋肉の柔軟性の低下ならびに筋力低下が背景にあるために、筋肉が過剰かつ急激な収縮する運動、動作をすることになり発生しやすくなります。

4:ウォーミングアップの内容が異なる

寒い時期にウォーミングアップと称して、筋肉が冷えている状態での強い負荷をかけるストレッチ運動を行っていることがあります。

当然ながら筋肉が過剰かつ急激な収縮する運動、動作をすることになり肉離れを誘発しやすいのは明らかです。

冬の時期の運動前は、四肢体幹をストレッチ運動でいきなり伸ばすのではなく、体や筋肉を温めることが大切なのです。

5:水分やミネラル不足

夏などと違い、冬は運動前にスポーツドリンクなどでの事前に水分・ミネラル等を補充をしないまま、ウォーミングアップなどの運動を始めてしまうことが圧倒的に多いようです。

ウォーミングアップ後、スポーツドリンク等で水分・ミネラル等の補充を行っても、激しい運動に伴う発汗や筋収縮に見合った水分やエネルギー、ミネラル類が必ずしも行き渡りきっていない場合も考えられます。

結果、特に水分の相対的な不足が血液粘度を上昇させ、四肢の骨格筋レベルの血流量低下を招き、肉離れを起こしやすくしてしまっている可能性があります。

肉離れを起こしてしまった際の対処方法

肉離れの応急対処方法としてはRICES処置が一般的です。

RICES処置

“肉離れ”は冬に多いって本当? 未然に防ぎたい肉離れ対策マニュアル
■ R:Rest

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。