体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べ放題も1個注文もOK!今年こそ行きたい三重の牡蠣小屋【2017】

食べ放題も1個注文もOK!今年こそ行きたい三重の牡蠣小屋【2017】 孝志丸かきっこ

三重県鳥羽、浦村で牡蠣食べ放題!

そんな話もよく聞きますが、浦村町は牡蠣小屋の聖地。

「カキ食べ放題」と書かれた看板がアチコチに出現し、どの店が良いか分からない!なんてことも多いハズ。

そこで今回はお店ごとの特徴がしっかり分かるよう、現地で取材してきました!

焼きガキと蒸しガキ両方味わえる店から、1個から注文できる店、詰め放題もできるまで、全部で15店舗!

店ごとの特徴を見て、お気に入りの店に出かけてみてくださいね。

与吉屋【鳥羽市】

一年中カキが食べられる、浦村を代表する店。

与吉屋 7年前にパールロード沿いに移転。牡蠣小屋の中でも建物は一番キレイ与吉屋

約80名は収容できる大型店舗。窓からは生浦湾を見下ろす絶景が広がる

浦村の牡蠣小屋のパイオニア的存在。

牡蠣小屋には珍しく通年営業で、11月~3月までは食べ放題がメイン。

それ以降も定食で浦村かき(夏は岩ガキ)が食べられます。

カキが苦手な同行者のために海老フライ定食(要予約)も受け付けています。

焼きガキ食べ放題

料金/2600円、4~12歳1300円

制限時間/60分

セット/カキ御飯、カキ味噌汁、カキフライ(11・12 月は生ガキ)

営業時間/平日11 時~ 14 時、土日祝10 時~ 15 時

店舗環境/室内 焼く人/店焼き 焼き方/薪と遠赤外線コンロ併用

軍手貸出/なし 調味料/ポン酢・ソース

おみやげ/殻付きカキ(生食用・焼き・蒸し用)・佃煮 飲物持込/ OK 調味料持込/ OK与吉屋 ピーク時は薪と遠赤外線コンロの焼き台8台がフル稼働。ひたすら焼く!焼く!カキ パンッ!と爆ぜる音が食べどきの合図。カキの旨み水分がジュワ~!たまらん!与吉屋 カキ御飯の上にカキフライが(笑)。11・12月はカキフライの代わりに生ガキがつくカキナイフ カキナイフを使えば簡単!貝柱を外すようにナイフを入れるのがコツトッピング 海水の塩分が最高の調味料!飽きずに食べ続けるには、やはりポン酢が定番牡蠣麦酒 カキにはビール!運転手にはノンアル!浦村かきエキス入り「牡蠣麦酒」410円牡蠣しぐれ

ふっくらと身の大きな佃煮「牡蠣しぐれ」1000円。おみやげ人気ナンバーワン! 与吉屋(よきちや)

TEL/0599-32-5520(要予約)

住所/鳥羽市浦村町1414-15

定休日/不定※要問合

駐車場/25台

「与吉屋」の詳細はこちら

マルナカ水産マルマ本店

親戚の家に来たような、アットホームな雰囲気がイイね。

マルナカ水産マルマ本店 「焼けたよー」と大将の声がかかるとお客さんが取りに行くセルフスタイル。焼き皿の代用にちりとりを使うのがニクイ自分焼き

蓋があるのでカキが爆ぜても飛び散らない。5分少々が食べ頃

自分焼き

店焼き
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。