ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自らホームレス生活を送るモデル、そこで分かったこと

自らホームレス生活を送るモデル、そこで分かったこと
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MON CAFE FAV STYLE」。1月21日(土)のオンエアでは、モデル、ファッション・フォトグラファーとしてニューヨークを中心に活躍しているマーク・レイさんのインタビューをお届けしました。

マークさんは現在57歳。背が高くて格好良く、高級スーツを着こなし、誰もがうらやむ勝ち組に見えますが、自らホームレス生活を選びました。日々の生活を送るのは、ニューヨークのアパートの屋上。「ニューヨークの屋上は、冬は想像を絶する寒さです」と、マリエは驚いていました。

そんなマークさんの生活を追った映画「ホームレス ニューヨークと寝た男」(監督:トーマス・ヴィルテンゾーン)が、1月28日(土)に公開されます。というわけで、この映画を作ろうと思ったきっかけについてお聞きしました。

「自分のことを、ストーリーテラーだと思っているんです。例えば、手紙で何かの状況を描写すると、その友人が『描写が良いね』と言ってくれるし、役者の勉強をしていて、撮られることを通じての表現、写真家としてもストーリーを綴っている。そういう意味でのストーリーテラーだと思っていました。屋根の上で暮らす状況が続いたときに、面白いストーリーになるのではと考えました。どんな人生も、見せ方や伝え方が面白ければ、絶対に面白い物語になると思ったんです。収録したたくさんの映像を、みなさんが理解できるようにまとめてくれた監督にも、お礼を言わなければなりません」(マークさん、以下同)

マークさんは、お金がなくても楽しめるライフスタイルを、自分なりに見つけたそうです。「無料のイベントや、安くて美味しいレストランを知っているのも大きいのかも」とマークさん。マリエは映画を鑑賞して、何が大事なのか、それはお金なのか仕事で成功することが大事なのか、そういったことを考えされられたそうです。

また、劇中にはジャズも流れています。こちらを手掛けたのは、カイル・イーストウッド。なんと、クリント・イーストウッドの息子さんだそうです。カイルさんは映画のラフカットを見て、全編に音楽をつけたいと言ってくれたとか。みなさんも、ぜひご覧になってみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。