体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『エージェント・オブ・シールド』フィル・コールソンインタビュー「彼は矛盾の塊なんだよ(笑)」

―クリエーターのジョス・ウェドンとの仕事はどうですか?

クラーク・グレッグ:ジョスは僕に取っては最高のストーリーテラーなんだ。バフィーもファイアフライも大好きなんだ。アベンジャーズの後、少作品ながらシェークスピアの“から騒ぎ”でも役をくれた。これは今までで最高に楽しい経験だった。彼から「フィル・コールソンが生き返る。だが彼の将来にどんな事が待ち受けているか彼は分かって居ないし、今までとは違うコールソンで生き返ってそれなりの代償は払わなければならなくなると言う設定だ」と聞いた時「それはやりたい!」と即座にはまってしまった。その後彼は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の撮影に入ってしまい他の事も忙しくなって時間が経ってしまった。それはちょっとがっかりした事ではあったんだけどその後も友達関係は続いていた。彼がウルトロンの撮影に入る時、弟のジェッド・ウィードンと仕事をする事になった。ジェッドの妻のモーリッサ・タンチェロンとも知り合いになり、ジェフリー・ベルとの3人が今のコールソンの元を作ったと言ってもいいくらいだ。

145526_0044

―長年コールソンを演じていますが、ズバリ“フィル・コールソン”の基盤ってなんでしょうか?

クラーク・グレッグ:コールソンとの付き合いはもう9年にもなる。いつもいつも一緒に居た訳ではないけど、知り合って9年になる。彼は矛盾の塊なんだよ(笑)。『アイアンマン』で初めて彼を知った時は特徴の無い、なんて事の無い男だった。いつも背広を来て、何とかしてミスター・スタークに会おうとしている男だった。段々といろいろな面が剥がされて行ってついには結構パワフルな男だと言う事が分かる。そして彼は非常にダークな面を沢山持ってる男でもある。つまり最初に『アイアンマン』に登場したコールソンは背広を着た普通の男の振りをしていただけだった。そして『マイティ・ソー』の中で、『アベンジャーズ』の中で段々違う面を見せるようになった。彼は普通のなんの特徴もない男の仮面を付けて生きている、違う面を沢山持った男なんだ。実際は普通の無力な男ではないんだよ。 

シーズン1で彼は自分の死の秘密を知る。彼はカンパニーの秘密を守り続けてきた男だけど、実は本当の秘密は彼だけが知らなかったと言う事なんだ。その後、彼はすべての事に疑問を持ち今までとは違うコールソンになっていく。
シールドに忠実な男ではあるが、シールドとの関係や周りから秘密を守ると言う部分が大きく変わって行ってるんだ。今の彼は秘密を守ると言う事から、人を守る、世界を変えるという事に焦点を変えている。

―コールソンは人を守る事に力を入れてますがプロテクトすると言えば、コールソンはデイジー/スカイをかなり過保護な感じで守ってます。お父さんとして娘にも過保護だといえますか?

クラーク・グレッグ:娘と言えば、一昨日15歳になったんだ。

―まさにティーンエイジャー真っ只中ですね!

クラーク・グレッグ:その通り。ティーンエイジャー真っ只中なんだ(笑)僕は非常に過保護な父親だと思うよ。本物のティーンエイジャーがそばにいると過保護にならざるを得ない。デイジーは20代だけど時にはティーンエイジャーのような言動を取るよね。だから過保護になってしまう。が、本物のティーンエイジャーを守ろうとするなら過保護ではダメなんだと言う事に気がついた。ティーンエイジャーを本当の意味で守りたいなら自分でいろいろな事をさせなければダメだと言う事。過保護にしていたら人生の中の大変な部分、避けられない辛い体験をすることができない。自分で辛い思いをしてこそ自分をどうやって守っていくかを学ぶ事が出来るんだからね。失敗をしなければ学ぶ事ができない。さっき言ったリーダーシップの事に戻るけどリーダーは下の者をプッシュしなければならないとコールソンは信じているんだ。彼らが自分に出来ると思ってる以上の事に挑戦させなければ伸びないと思ってる。自分でも知らなかった力が有ることを発見するかもしれない。それが成長なんだ。シーズン3の中でコールソンがエモーショナルになってしまう時がある。すると彼は自分の責任をチームの中の他の人に渡す。そして「もしかしたら自分より優れたリーダーが他にいるかもしれない」と思いだす。

―どうしてコールソンがこれほどまでに人の心を掴むのでしょうか?

クラーク・グレッグ:答えは二つ。一つは僕には分からない(I don’t know)(笑)。本当に分からないよ。このページを見て、ここにコールソンが居るなんて僕の理解の域を越えてるんだ。僕にとってはコールソンを演じるチャンスが与えられた事自体、身に余る光栄だと思ってる。コールソンの人気は周りの人にとっていつもサプライズだったんだ。最初からコールソンがどこまで行くのが未知だったからね。
はっきり分からないんだけど、マーベルファンがコールソンにいかに共鳴して彼を好きになっていったかが、かなり大きなサプライズだったんだよ。かっこいいスーパーヒーローたちの世界、プレイボーイで金持ちでスーパーヒーローのトニー・スタークやらハルクやらが居るのに、どう見てもごくごく普通のルックスの背広なんか着てるコールソンに惹かれるのか?多分あんまり描かれてないタイプのヒーロー的行動を彼の中に見るんじゃないのか?つまりスーパーパワー無しで簡単に殺されてしまう、あるいは腕を失ったり何かを失ってしまう可能性がある中で彼はそれでも毎日人を救う為に出掛けて行く。なぜなら彼にとってそれはやるべき事だから。ジョスや他のクリエーターたちが、普通の人がヒーロー的な事をする勇気を入れ込んで作ってるんだと思う。『デアデビル』にも『ルーク・ケージ』にも似たようなキャラクターが登場してるけど、こういう普通の人もヒーローになれると言う要素は大事な部分なんだと思う。
これはこれは(コールソンが人気投票二位と言う事)….娘に見せて自慢しよう。でも彼女は「お父さん凄い!」とは言わないだろうけど(笑)

―シーズン3にファンが期待できる事は何でしょうか?

クラーク・グレッグ:シーズン3はシールドのチームがグラント・ウォードとの戦いをまだ終えてない部分が明らかになる。ヒドラもまだ健在で彼らの間の戦いはシーズン3では想像も付かなかった形で進行する。個人的な関わりが増えて行く。フィル・コールソンにとってもその戦いが個人的な関わりを持っていくというところが見どころだと思う。

―これからシーズン3を見るファンへのメッセージをお願いします。

クラーク・グレッグ:難しい質問だなあ(笑)シーズン3に関しては今伝えたようにグラント・ウォードのリターンとコールソンとそのチームの個人的な決断、多大な喪失、それにコールソンと彼のチームが立ち直れなくなるような破壊力を持ったあおりが期待できるよ。

―今日は楽しいお話をありがとうございました!

作品情報

ジャケット写真

「エージェント・オブ・シールド シーズン3」
2017年2月3日(金) ブルーレイ COMPLETE BOX(20,000円+税)、DVD Part1(4,700円+税)発売!第1弾DVDレンタル、一挙デジタル配信開始!
2017年2月17日(金) DVD Part2、Part3(各4,700円+税)発売!第2弾DVDレンタル開始!

「マーベル エージェント・オブ・シールド 3」
全国無料のBSテレビ局 Dlife(ディーライフ)にて1月21日(土)21:00スタート!
(二)毎週土曜21:00~/(字)金曜27:00~

http://www.dlife.jp/lineup/drama/agentsofshield_s3/

(C) 2016 MARVEL & ABC Studios

前のページ 1 2
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy