体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インタビュー】ウィンドウ・ディスプレイは私の天職!夢を叶えに来たニューヨーク

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
(C) Sara Aoyama

ニューヨークは、夢を現実に叶える街。アメリカンドリームを目指す人が、エネルギーを発する街。

今回インタビューさせていただいたのは、「ウィンドウの仕事は私の天職」と自信を持って言い切る杉本恵巳氏。日本でウィンドウ・デコレーターとして活躍され、その後渡仏してパリに2年間滞在。現在は2年前にやってきたニューヨークで、世界一流のウィンドウを手がけることを目指しています。

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本恵巳氏のインスタグラム 杉本氏作品  (C)instagram/emi_pepegreen

杉本氏プロフィール

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
(C) Sara Aoyama

杉本恵巳氏プロフィール

■広島生まれ。
■コムデギャルソン(comme des garcons)で働いていたことをきっかけに、デコレーターとしてスタート。
■ディスプレイを学ぶため、3年間プロのデコレーターに師事。
■東京へ移転。
■パリに2年間滞在。
■ニューヨークへ渡米、現在に至る。

(次のページに続く)

ディスプレイをしている時は、楽しくてしょうがない

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本恵巳氏のインスタグラム 杉本氏作品 (C)instagram/emi_pepegreen

●ウィンドウ・ディスプレイとは具体的に何ですか?

ウィンドウ・ディスプレイは、消費者と商品をつなぐ夢の扉です。商品の魅力を表現することにより、消費者がガラス越しに商品の世界に入り込み、ワクワクする気持ちになること。お買い物はやはり夢で、楽しくなきゃいけません。

●ウィンドウ・ディスプレイの仕事が天職の理由を教えてください。

大好きだからですかねー。ディスプレイしている時は、楽しくてしょうがない。

●どういったきっかけでこの仕事に入りましたか?

スタートはファッション系でした。コムデギャルソン(comme des garcons)が大好きで販売員をしていましたが、店長にディスプレイする仕事があると聞き、そっちがやりたいなあと興味を持ちました。

●どうやって、ディスプレイのノウハウを学びましたか?

師と仰ぐ人について、3年間勉強しました。

最終電車まで仕事をしたことも

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本恵巳氏のインスタグラム 杉本氏作品 (C)instagram/emi_pepegreen

●仕事の大変な点を聞かせてください。

大変な点は体力です。ディスプレイの作業をするのは営業終了後で、徹夜になることも。最終電車まで仕事をして、早朝にまた続きをすることもありましたよ。

●日本ではどういったディスプレイを手がけましたか?

デパートは、松屋銀座、銀座三越、西武ほか。カタログ撮影用には、オンワード樫山などです。日本では弟子が二人いました。

ニューヨークを選んだ理由

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
Bergdorf Goodman Holiday Window 2013
(C)Hideyuki Tatebayashi

●ニューヨークを選んだ理由とは

ずばり、世界最高峰の高級デパート バーグドーフ・グッドマン(Bergdorf goodman)がニューヨークにあるからです。

●バーグドーフのホリデー・ウィンドウは観光客のみならず、ニューヨーカーも楽しみにしている夢のウィンドウですね。

ウィンドウ・ディスプレイの最高峰です。

●ニューヨーク、パリ、日本における違い、比較

ニューヨークはゴージャス、パリは芸術性が高いです。日本は予算が優先順位の先になり、予算がなくなるとディスプレイは後回しになるのが悲しいですね。

●ニューヨークでの目標

バーグドーフ・グッドマン(Bergdorf goodman)のウィンドウをやること。ウィンドウの担当者に、交渉しています。

●ウィンドウ・ディスプレイで生活はしていけますか?

日本では生活出来ていました。デコレーターは何でも屋みたいな感じのところがあり、物撮りやカタログもやっていました。現在はブルックリンの店のディスプレイをやっていますが、生活のため他の仕事もやっています。

(次のページに続く)

ブルックリン ヲウチギャラリーにて個展

 

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本氏作品 (C)Emi Sugmoto

2013年5月1日-5月5日の間、ブルックリン ヲウチギャラリーにて個展を開催。

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本氏作品 (C)Emi Sugmoto

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本氏提供資料

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
杉本氏提供資料 (C)Brooklyn Courier

恩師がニューヨークへ私を導いた

ウィンドウ・ディスプレイは私の天職! 夢を叶えに来たニューヨーク
(C) Sara Aoyama

●デコレーターとしての基本作業「置く、たたむ、かける、着ける、切る、書く、塗る」については、どう磨きますか?

技術とお金は後から付いてくると思っています。まず、人間性。後は、まじめに遊ぶこと。

●ウィンドウに表現する自分の世界とは

自分がやったという足跡を残す、ちょっとした遊びをする飾り方。

●ニューヨークはデコレーターの恩師に連れられてきたのが始めだと伺いましたが?

ディスプレイの基礎から習った恩師は、ニューヨークが大好きでした。二人でニューヨークに来た時、恩師からここで仕事をしようと言われましたが、その時点では若かったので、気持ちも固まっておらず財政的にも不可能でした。その後、恩師は若くして病気で亡くなり、一緒に仕事をすることは出来なくなりました。残念です。

●恩師の気持ちを継げたら良いですね。

ニューヨークとは恩師のことを始め、縁が繋がっている気がします。

●今手掛けられているディスプレイは

新年(2017年1月1日)のイベントパーティのディスプレイを手掛けています。今回は会場が広いので、いつもとちょっと勝手が違いますね。楽しんで仕事をしています。

●最後にひとことどうぞ

自分でもディスプレイの天才じゃないかと思っています(笑)。上手に出来ますので、ぜひお任せください。

杉本氏は、明るくてパワーがあって、思わず人を惹きつける強いエネルギーを持っています。筆者は初めて会った途端、一目惚れしたほど(笑)。そのポジティブなエネルギーがニューヨークに良く似合い、豊かな人間性がまわりに人を呼び寄せます。同じ日本人として彼女の抱いている夢を応援し、実現することを信じて止みません。なぜなら、彼女は成功するオーラを放っている人だからです。

[杉本恵巳氏のインスタグラム]
※すべての画像および杉本氏の作品を無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。