ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注文する時に使える英語フレーズ20選

旅先での外食は、旅の楽しみの一つですよね。でも海外でレストランなどへ行くと、どう注文すれば良いか戸惑うこともしばしば。本来ならば、店員とどう会話すればいいのか考えたりせず、リラックスしたいものです。

そこで今回は、飲食店で注文する時に使える英語のフレーズをまとめてみました。では早速見ていきましょう!

*編集部追記
2017年1月公開の記事に新たに5フレーズを追加しました。(2017/8/25)

 

海外で実際に使った時のエピソード

私は海外に住んでいた時、時間があるとよくカフェ巡りをしていました。レジで注文するケースもあれば、席までオーダーを取りに来てくれる場合もあります。オーダーを言う時は、「Can I have 〜?(〜をもらえますか?)」、「I’ll have 〜(〜をいただきます)」のように頼むことが多いです。

メニューを見ても何かわからない時は、「What’s this like?(これはどんなものですか?)」のように詳しく聞くことも多々あります。

 

海外はテーブルでお会計を済ませる場所も多いので、そんな時は「Could you get me a check?(伝票をもらえますか?)」と聞き、まず伝票をもらいます。

チップを置く慣習のある国では、5〜10%のチップをテーブルに置くか伝票に挟んで帰るようにしましょう。慣れてしまえば同じようなフレーズばかり使うので、覚えやすいですよ♪

 

レジで注文する時

レジで注文する時

photo by shutterstock

1.Can I have coffee to go?
コーヒーをテイクアウトでもらえますか?

2.Can I have my drink in a mug?
マグカップで、飲み物をもらえますか?

3.I’ll have a tall coffee.
トールサイズのコーヒーをお願いします。

4.Is there any chair to sit down?
座れるイスはありますか?

 

テーブルで注文する時

テーブルで注文する時

photo by shutterstock

5.I’d like to order,please.
オーダーをお願いします。

6.I’m ready to order.
注文したいのですが。

7.May I see the menu again?
もう一度メニューをみせていただけますか?

8.What’s this like?
これはどんな料理ですか?

9.What’s the special of the day?
今日のオススメはなんですか?

10.

Could we have a little more time to think? They all look so good.
もう少し考える時間をください。全部美味しそうで迷っちゃいますね。

11.She’s allergic to dairy. What can she have?
彼女は乳製品のアレルギーがあるのですが、何が食べられますか?

12.

I think I’ll have the Smoked bacon cheese burger.
スモークドベーコンチーズバーガーにしようかな。

13.I’ll have the same.
私もそれにします。

関連記事リンク(外部サイト)

CAが教える接客英語!これで、かっこよく対応できること間違いなし
「英語が苦手なあなたへ!」英語を話すために知っておきたい、英語と日本語の9つの違い
遠距離恋愛を乗り越える恋愛の名言20選
紅葉や秋を表現する英語フレーズ24選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy