体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関西から日帰りで行けるカップルにおすすめの人気温泉地12選!

関西から日帰りで行けるカップルにおすすめの人気温泉地12選! 関西人気温泉地

温泉に行きたいけど、1日しか休みがとれない・・、今月はお財布がピンチ・・、そんな時は、日帰り温泉がおすすめ!

関西エリアから日帰りで行ける人気温泉地をご紹介。

普段、宿泊できないような高級旅館でも、日帰り温泉・日帰り入浴OKならお得に楽しめちゃうかも!

たくさん温泉に入りたいなら事前に温泉巡り計画を立てるのがオススメ!

ふたりで日帰り温泉デートプランをたててみては?

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

有馬温泉

有馬温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28109cd2110078228/photo/

1300年の歴史を誇る温泉で、大阪から1時間、三宮からなら40分ほどの距離。大都会に近いわりには、しっとりとした風情をもつ。温泉神社のある高台からながめると、山合いにびっしりすき間のないほどホテル・旅館が立っている。本温泉脇から六甲川までの約400m、細いつづれ折りの坂道は有馬本街道。昔ながらの格子戸が並び、道ばたの石の道標などに、昔日の面影が偲ばれる。

有馬の湯には、金泉と銀泉の2つの湯がある。金泉は鉄さび色の朱いお湯。噴き出したときは無色透明なのが、空気に触れるとすぐ酸化して朱くなるわけ。湯をなめると、ずいぶんしょっぱい。海水の2倍もの塩分を含んでいるという。金銀の湯の相乗作用が、胃腸病、婦人病、神経痛さらには「万病にも」効くといわれる。

\口コミ ピックアップ/

大阪や神戸からもアクセスが良くて、古いですが風情のある良い温泉街です。金泉や銀泉があります。日帰り温泉施設もありますので気軽に温泉気分が味わえます。

(行った時期:2016年2月)

有馬温泉の街並みは昔ながらの温泉街でお散歩するのもオススメです

炭酸せんべいや地元のサイダーで食べ歩きしたり、足湯に入ったりと温泉以外にも楽しめます。

そしてやっぱり温泉は最高です!

(行った時期:2016年11月) 有馬温泉

住所/兵庫県神戸市北区有馬町

「有馬温泉」の詳細はこちら

城崎温泉

城崎温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28541cd2110078273/photo/

東に円山川、背後の三方は山々に囲まれ、川沿いに「く」の字型につくられた温泉街。その川の両岸に建ちならぶ木造三階建ての旅館群が、川にかかる橋や柳並木などのまわりの環境と調和して、城崎独特の情緒を現在に伝えています。大谿川の流れに沿って桜並木としだれ柳が続き、玄武岩を重ね合わせた護岸と階段状で昔ながらの石造りの太鼓橋が温泉情緒を醸し出してくれます。7つの外湯すべて回れば生涯苦難をまぬがれて、福を受けるといわれています。

◎外湯 城崎温泉は外湯を大きな特徴として、古くから人々に親しまれ、その名もそれぞれの由来と歴史に基づいて付けられました。TEL(0796)32-0117

〇鴻の湯 7湯中最古の湯で舒明天皇の時代に、コウノトリが足の傷を癒しているのを発見したという開湯伝説がある。山家風の建物で、道の奥に引っ込んでひっそり建っています。庭園露天風呂もあります。

〇まんだら湯 温泉寺開祖の道智上人が千日曼荼羅行で湧出させた湯が源泉だったと伝えられています。建物も仏縁にちなんで御堂を模し、入口は唐破風エキゾチックな雰囲気。平成13年3月リニューアルオープン。樽を浴槽にした露天風呂が新設されました。

〇御所湯 後堀河天皇の御姉、安嘉門院が来浴した湯とされています。京都御所を彷彿とさせる現在の建物は平成17年7月に四所神社横に新築移転されました。

〇一の湯 温泉街中央の王橋のたもとにあり、城崎のシンボルです。一見歌舞伎座を思わせる桃山風の建築で、平成11年11月に改築され、新たに洞窟風呂が加わりました。名前は江戸中期の温泉学者、香川修徳が当時新湯といったこの湯を、天下一と推賞したことに由来します。玄関脇には「海内第一泉」の石碑が誇らしげに建っています。

〇柳湯 柳の下から湧き出した湯が始りという浴場です。大正ロマン漂う木造の浴場として平成16年2月にリニューアルオープンしました。

〇地蔵湯 平成4年9月にさとの湯を統合して改築され、町の玄関口としてふさわしいインパクトのある建物です。この湯の泉源から地蔵尊が出たところから、この名が付けられました。

○さとの湯 平成12年7月にJR城崎駅のすぐ横にオープンしました。三階の天望露天風呂からは、円山川が一望出来、二階には和・洋風の大浴場のほか泡風呂・各種サウナがあり、いろいろな入浴が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

日帰り温泉も町並みにたくさんあり、いくつかの温泉を渡り歩きました!湯冷めしないよう、春、夏頃に行くのがおすすめです!

(行った時期:2012年5月5日)

都市部からそんなに時間をかけずに、温泉街の落ち着いた街並みに、非日常な時間が過ごせてリフレッシュできました。

(行った時期:2014年3月) 城崎温泉

住所/兵庫県豊岡市城崎町 湯島

「城崎温泉」の詳細はこちら

龍神温泉

龍神温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30387cd2110078414/photo/

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。