ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春の名古屋を満喫しよう♪デートや女子旅で楽しめるオススメ観光スポット19選

春の名古屋を満喫しよう♪デートや女子旅で楽しめるオススメ観光スポット19選 名古屋

名古屋市科学館やリニア・鉄道館など、ためになる魅力的なスポットが満載の名古屋。

子供から大人まで、家族みんなで楽しめる春のおすすめ観光スポットをご紹介!

この時期ならではの名古屋で、素敵な旅の思い出をつくろう!

鶴舞公園や名城公園で、美しい桜を眺めながらのんびり過ごすのも◎

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

名古屋市科学館

名古屋市科学館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_23106cc3290033043/photo/

2011年3月に内径35mの世界最大のプラネタリウムドーム「ブラザーアース」を備えた新館がオープン。ドームの球体を強調した外観デザインに加え、マイナス30度の部屋でオーロラ映像を体験できる装置や、高さ9mの人工竜巻を体験できる装置など、エンターテイメント性豊かな四つの大型展示も設置されている。 また、太陽光発電や壁面緑化、制震構造やエレベーター構造の可視化を図るなど、建物自体が展示装置となっている。

\口コミ ピックアップ/

子供にとってとてもためになるし良い施設だと思いますが、大人でも時間を忘れて楽しめました。特にプラネタリウムはすばらしく心が洗われた気分です。

(行った時期:2012年4月18日)

名古屋で有名なプラネタリウムがあります。上映時間までは、科学の展示物などをみて回れるので、あきることもありませんでした。プラネタリウムの椅子は座り心地もよく最高です!

(行った時期:2016年4月) 名古屋市科学館

住所/愛知県名古屋市中区栄2丁目17-1 白川公園内

「名古屋市科学館」の詳細はこちら

名古屋港水族館

名古屋港水族館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_23111cc3320040587/photo/

展示生物540種、36,000点。黒潮大水槽、水中トンネル、海ガメ、ペンギンなどが人気。巨大スクリーンのオーシャンシアターもある。

\口コミ ピックアップ/

ちょっとだけ見て回る気持ちで行きましたが予想外の面白さに家族全員びっくりし、何時間も楽しめました!また行きたいです!

(行った時期:2010年4月18日)

ここは水族館もさることながら、港に面しているのでロケーションも楽しめます。

(行った時期:2013年4月18日) 名古屋港水族館

住所/愛知県名古屋市港区港町1番3号

「名古屋港水族館」の詳細はこちら

熱田神宮

熱田神宮

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_23109ag2130010417/photo/

三種の神器の一つ草薙剣を祭神とする由緒ある古社。境内は広く、信長塀や巨大な佐久間灯篭は有名。熱田の大神。

\口コミ ピックアップ/

三種の神器の一つである草薙の剣を祭ってある熱田神宮。やはり神聖な空気を感じました。パワースポットなのかは分かりませんが、おかげでいい旅ができました。名古屋駅からも名鉄ですぐで利便性もよかったです。

(行った時期:2015年4月)

お散歩がてらにきましたが、大変きれいな境内で、癒されました。とても満足できましたので、また行ってみようと思います。

(行った時期:2016年4月4日) 熱田神宮

住所/愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1-1

「熱田神宮」の詳細はこちら

名古屋城

名古屋城

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_23106af2120008906/photo/

徳川家康が外様大名を動員して築城。慶長15年(1610)着工、同19年に完成した。本丸・二の丸・西の丸・御深井丸・三の丸の五郭から成る規模雄大な城で、ことに金鯱をのせた壮大華麗な天守閣はひろく天下に知られた。元和2年(1616)家康の九男義直が入城。以来、徳川御三家筆頭、尾張藩六十一万九千石の牙城となる。

昭和20年、米軍の空襲で天守閣以下ほとんどの建物を焼かれたが、昭和34年、再建されたほか、西北・西南・東南の各隅櫓と表二ノ門がもとの建物で現存。本丸を囲む石垣や空堀・外堀などは原形を伝え、二ノ丸庭園も一部だけ残っている。

◎徳川家康(1542-1616)岡崎城主松平広忠の子。織田信長・豊臣秀吉亡きあと、関ケ原の戦いで勝利を収め、征夷大将軍に任ぜられ江戸幕府を開いて、徳川三百年の基礎を築いた。

◎徳川義直(1600-50)家康の九男。尾州藩の祖。よく家康の遺訓を守って藩政を固め、学問を奨励し、藩風の基礎を作った、わが国で初の聖堂を建て、その廟所も儒教式である。

◎徳川宗春(1696-1764)尾州藩第七代藩主。『温知政要』を著して施政方針を示し、遊芸を奨励し、名古屋を大いに繁栄させたが、財政難を招き、幕府から蟄居を命じられた。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。