ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

360度動画とVR動画どちらも撮れる! 4kカメラ「TwoEyes」は4つの180度レンズを搭載

TwoEyes360度動画やVR動画の撮影に興味があるという人に、耳寄り情報。どちらの撮影も1台でできるカメラがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

米ロサンゼルス拠点のスタートアップが開発した「TwoEyes」。4つの180度レンズを搭載し、人間の視点で360度動画から3Dの360度VR動画までを4Kで撮れるというものだ。

・人間の視点で撮影

360度カメラ、あるいはVRビデオカメラはたくさん展開されているが、TwoEyesはこれ1台でどちらにも対応するのが売りだ。

TwoEyes3それを可能にしているのが、4つの180度レンズ。TwoEyesのデザインは双眼鏡のようになっていて、両面に1ペアずつレンズを搭載している。

ちなみにレンズの間隔は65ミリメートルと、人間の平均的な目の幅に合わせられていて、人の目を通したような自然な映像が撮れるとのこと。

・構え方でモードが替わる

カメラのモードは構え方(垂直と水平)で違ってくる。水平にするとレンズ4つを使うモードになり3Dの動画が撮影できる。垂直に持つと、レンズ2つを使用した3Dではない360度動画が撮れる。

TwoEyes2カメラにはジャイロスコープが内蔵されていて、撮影モードは構え方によって自動で切り替わる。

撮影の操作は、カメラについているボタンか専用アプリで行う。撮影でデータはWi-FiまたはBluetooth経由でスマホに送られ、ユーザーはそこで編集できる。

・重さはたったの200グラム!

その他のスペックとしては、動画の解像度は3840×[email protected]、内蔵ストレージ128GB、バッテリー容量は2000mAhとなっている。

TwoEyes4サイズは9.8×3.5×4センチ、重さは200グラムとコンパクトなので、ポケットなどにもしのばせられる。

気になるのが価格だが、現在Kickstarterでは219ドル(約2万5000円)〜となっている。すでに目標額に達成し、商品化はほぼ確実な情勢。

日本へも送料30ドル(約3400円)で発送してくれるので興味のある人はサイトを要チェックだ。出資は2月26日まで受け付ける。

TwoEyes/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2711073/video-738715-h264_high.mp4

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。