ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【冬のレシピ】「余ったそうめん」をこの季節に有効に消費するための6日間チャレンジ【夏の忘れもの】

f:id:Meshi2_IB:20161221095418j:plain

これだけアレンジしてるのに、やっぱりちょっと飽きがきてしまうのはなぜ……?

4日目にして、なんとなくそうめんから目を背けたくなってきました。そこで、この日はそうめんを名わき役にキャスティング。ハンバーグの付け合わせのナポリタンを演じていただくことに!

材料

そうめん 100g 玉ねぎ 1/2個 ケチャップ 40g 中濃ソース 40g ハンバーグ(市販品) 2個 プチトマト 2個

作り方 玉ねぎをスライスする。 玉ねぎをケチャップと中濃ソースとともにフライパンで炒める。 ゆでたそうめんを入れて、玉ねぎやソースと絡める。 ハンバーグに添えて出来上がり。

ナポリタンって、そうめんで作るとスパゲッティより軽くて食べやすい! 味の方はハンバーグとマッチするのはもちろんのこと、単品でもっと具をいっぱい足してボリューミィに食べるのもアリかもしれません。

5日目:あんかけ堅焼きそうめん

f:id:Meshi2_IB:20161221095419j:plain

4日目のハンバーグを経て、そうめん熱が再燃!

ついに5日目のそうめんメニューは、食感を変化させるべく揚げてみることに。そしてパリッと揚がった麺には、やっぱりあんかけでしょ! ってことで、堅焼きそば風のそうめんを作ってみました。

材料

そうめん 200g 小松菜 適量 白菜 2枚 もやし 1/2袋 にんじん 1/2本 豚コマ肉 100g 鶏ガラスープ素 小さじ2
水 300ml 塩 適量
醤油 適量 ごま油 適量
片栗粉 大さじ2

作り方 フライパンにごま油を敷き、豚コマ肉を炒める。 にんじんを最初に炒め、火が通ったらその他の野菜も炒める。 野菜がしんなりしたら水を加え、鶏ガラスープの素と調味料を入れる。 煮立たったらふたをして弱火にする。 野菜に火が通ったら、水溶き片栗粉でとろみをつける。 別のフライパンに油を入れ、かき揚げの要領でゆでたそうめんを揚げる。 揚げたそうめんにあんかけをかけて、出来上がり。

揚げそうめんの食感が、サクッとして軽くてペロッといけちゃう。200gでは足りないくらいかも! そこに絡むあんかけのトロ~っとした濃厚具合もたまらない。 そうめんは焼きそばより強度がないので、あんかけとすぐに一体化してしまいますが、それもまた良しとすべきかと。

6日目:そうめん団子

f:id:Meshi2_IB:20161221095420j:plain

さて、開封済みそうめんも残りわずか。最終日となってしまった6日目は、スイーツを作ってみることにしました!

そうめんは元を正せば小麦粉……ということは、お団子の材料にも成り得るのでは!?

材料

そうめん 100g 片栗粉 小さじ1

作り方 ゆでたそうめんを短く切る。 ビニール袋に入れ、そうめんの形が無くなるくらいまでもむ。 ある程度形が崩れたら、片栗粉を加えてさらにもむ。 一口サイズのお団子型に成形し、火の通りがよくなるように真ん中を少し凹ませる。 沸騰したお湯に入れて30秒ほどゆでたら出来上がり。

食感は、まるで白玉です!

そうめんの形をすべて潰して作るのも美味しそうですが、私はある程度そうめんの食感が残ってる方が好きかもしれません。あえての「そうめん感」がイイ。味はついていないので、まったくの無味ですが、みたらしにしたりきな粉にまぶしたり、アレンジはいろいろできます。私は……

f:id:Meshi2_IB:20161221095421j:plain

甘~いお汁粉に浮かべてみました。

お汁粉の味がそうめん団子に染みてくるのが堪らなく美味しい! こたつに入ってぬくぬく食べると至福です。意外にもこの形状だと冷蔵庫で保存がきくので、大量に作って好きな時に食べられるようにしておけますよ!

これで、我が家の開封済みのそうめんコンプリート!

途中、心が折れそうになった日もありましたが……無事、真冬の6日間をそうめんと共に過ごすことができました。そう、夏の風物詩であるそうめんも、アレンジ次第では立派に冬のレシピになるのです!

夏に買い過ぎて後悔している方や、頂きもののそうめんを持て余している方も、ぜひ試してみてくださいね!

書いた人:もちづき千代子

もちづき千代子

人生が常に大殺界な人妻ライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像技術者・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を始める。人生のテーマは「酒と涙と男と女」。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【珍種ラーメン】秋葉原で密かにささやかれる絶品ハイブリッド麺「タコスラーメン」の味とは?
シンプル、簡単、そして美味。きのこサラダは優等生
ハードボイルド・「日本酒」の世界 ~ 食べ歩きマニア道 其の5【タベアルキスト】

前のページ 1 2
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。