ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まさか!今まで普通に食べていたのに。突然すぎるアレルギー反応にパニック!

f:id:akasuguope01:20160923192139j:plain

娘が9ヶ月の頃のある日曜日、お家でお昼ごはんとしてうどんを食べていました。いつも娘のごはんは別に作るのですが、今まで何度も食べているうどんだったので取り分けをしました。

普段あまり食べない娘ですが、この日のうどんはお気に召したのかパクパクと食べていました。そんな姿を見て夫も「今日はよく食べてるね」と言うくらい。おいしそうに食べる姿がとてもうれしかったのをよく覚えています。

お昼ごはんを食べ終わった後は、天気が良かったので洗車に出かけました。洗車中、娘はベビーカーに乗り日陰にいました。そのすぐ横で洗車した車を拭き上げていました。

すると急に激しく泣き出す娘。

「相手してほしいのかな?」とのんきに考えながら娘に近寄るとビックリ!顔がぱんぱんに腫れていたのです。大げさではなく、普段ぱっちりとしている大きな目が顔に埋もれて見えないくらいでした。驚きすぎて言葉が出ませんでした。

頭の中で「洗車している時の洗剤が飛んできた?それとも何か変な虫に刺された?日差しに当たりすぎた?」といろいろ可能性を考えながら、泣き止まない娘を抱きかかえます。車の反対側にいた夫のところへ行くと、夫も普段と違う娘の姿にビックリ。

「どうしよう…どうしよう…」とおろおろする私。娘はまったく泣き止みません。「休日診療に電話して!車出すから乗って!」と夫。車に乗り込んで、近くの休日診療センターへ電話しました。すると「すぐに連れてきてください」とのことだったので急いで向かいました。

車の中でも泣き止まない娘がかわいそうで涙が出てきました。一生懸命、顔の腫れの原因を考えますが思い当たりません。この時の私は、この腫れの原因がアレルギーによるものだとは思いもしませんでした。 関連記事:一口であんなことに…。生後7ヶ月で卵アレルギー発症、新米母がうろたえたその瞬間

休日診療センターに着くと、空いていたからかすぐに診てもらえました。どうにか泣き止んだ娘をよく見ると、少し腫れが落ち着いてきたように思えました。医師に経緯を説明すると、娘の服をめくってお腹を診ました。

「ほら、お母さんお腹にじんましんが出てますよ。これは食物アレルギーの反応ですね。お昼ごはんに何か初めて食べさせたものはありますか?」と言われポカーンとしてしまいました。「初めてのものは何も食べていないです。お昼にはうどんを食べさせましたが、初めてではありません。」

まさか何度も食べていたうどんが原因でアレルギー反応が出るとは…。医師の説明によると、今まで大丈夫だったものでもコップから水があふれるように急に反応が出ることもあるとのこと。今回の娘の反応はまさにそのタイプだったようです。

休日診療センターではアレルギー検査ができないので、後日かかりつけの小児科で検査をしてもらいました。

結果はやはり、小麦アレルギーでした。今まで食べて平気だったうどんは、食べる量が少なかったからたまたまアレルギー反応として出てこなかったのだろうとのこと。

今回は夫が一緒だったから、すぐに休日診療センターに連れていけました。もし私一人だったら、おろおろするだけで的確な判断ができなかったかもしれません。

これからまだまだ長い子育て期間、子育てには予想外の出来事はつきものだということを忘れずにいたいと思いました。 関連記事:アレルギーはこわい…!忘れられないアナフィラキシー体験

著者:まゆなか

年齢:31歳

子どもの年齢:2歳・1歳

2歳と1歳の年子姉妹を育てています。上の子のイヤイヤ期と下の子の後追いが重なり大変な毎日ですが、二人の笑顔と寝顔に癒されながら頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

原因不明!? 元気なのに食べては吐いてをくりかえす息子。途方にくれた1週間
まさかうちの子が難病になるなんて。家族が一緒に笑えることの幸せをかみしめる
泣きすぎて息が止まってしまう!? 息子がエビ反りになって失神した「泣き入りひきつけ」とは…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。