ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神河町にドーム型のテント村が出現!「アイスルータウン」で極上の冬時間♪【兵庫】

神河町にドーム型のテント村が出現!「アイスルータウン」で極上の冬時間♪【兵庫】 アイスルータウン

兵庫県で一番人口の少ない町・神河町に、かまくらをイメージさせるテント村が出現!その名も「アイスルータウン/ICE RU TOWN(愛する町)」。「神河が贈る 極上の冬時間」という冬季限定イベントの一企画として、2月28日(火)まで開催中です。

テント内でははりまの地酒やオリジナルカクテルを味わえる他、峰山高原特製の「柚子鍋」やバーベキューも♪

それ以外にもお子さんも大興奮の「ファミリースノーパーク」や星空天体観測、スノーシュー体験など、冬の体験型イベントが盛りだくさん!ご家族と、友人と、神河町の冬を味わい尽くしましょう。

「アイスルータウン」で味わう神河の味覚に舌鼓♪

アイスルータウン

はりまの地酒を堪能

アイヌ語で「氷の道」を意味する「アイスルータウン」。日本語で「愛する町」という二重の意味を含ませた雪のかまくらを思わせるテント村のスノー・バーでは、18~21時の営業時間中、はりまの地酒やゆずマティーニ、ライジング神河、ホットウイスキーハニー、ホットワインなどドリンクメニューが充実(各500円。日本酒は300円~)!

ランチタイムにはこだわりのカレー(3種)と地元野菜を味わえるバイキングも1,500円で味わえます。夜には峰山高原特製の柚子鍋やバーベキュー(1名3,780円、入浴料込)が楽しめるスノー・レストランも♪(要予約)アイスルータウン

白銀の世界を幻想的にライトアップ

夜になると青と白の光がテント村を彩り、しんしんと降る雪と光の共演は見る者を魅了します。静ひつな夜の世界を神河の味覚とともに堪能してみてはいかがでしょうか。

満点の星空に感動!峰山高原の星空教室

峰山高原から見上げる満点の星空

峰山高原から見上げる満点の星空

澄んだ空気と標高の高い峰山高原は、天体観測として人気のスポット。2月28日までの毎週土曜日20:30~専門家による星空教室も開催(参加費1,000円)。

都会からは見ることのできない満点の星空に感動すること間違いなし!天候により星が見えない時はテントの中でプラネタリウム体験ができます。

西洋かんじきを使って雪道散歩♪「スノーシュー体験」

スノーシュー体験

ロケ地にもなった「リラクシアの森」を散策

期間中の土、日、祝日には西洋かんじきを使ってふわふわの新雪の上を歩く「スノーシュー体験会」も実施(料金:大人3,500円、小人2,500円※小学生以上 要予約)。料金にはスノーシュー・ストックレンタル代のほか、暖かい飲み物代、保険料、インストラクター代が含まれます。

散策する「リラクシアの森」は映画『ノルウェーの森』のロケ地にもなった場所。どのシーンに登場したかを想像しながらの散策も楽しみ方の一つ。普段はなかなかできない雪に覆われた自然の中の散歩でリフレッシュしましょう!雪遊び

子どもも大人も雪遊びに夢中!

子どものための雪の楽園「ファミリースノーパーク」では、そり遊びやスキー、スノーボードが楽しめます(入場料:3歳~中学生700円、大人500円)。なだらかな雪の坂道で思い思いの時間を満喫しましょう。

まとめ

いかがでしたか?期間中はJR寺前駅から峰山高原行きのバスが一日3便、毎日運行中(片道200円)。神河町の自然を活かした冬のとっておき体験の数々。寒さに負けず、雪と自然を肌で、心で感じて思い出に残る冬時間を過ごしてみませんか? 神河が贈る 極上の冬時間

住所/兵庫県神河町峰山高原

開催時期/~2月28日(火)

TEL/0790-34-1516(峰山高原ホテルリラクシア)

アクセス/JR寺前駅よりバス「峰山高原」下車

HP/http://www.nicopaclub.jp/kamikawas/show/

Facebook/ https://www.facebook.com/kamikawa.winter/

「神河が贈る 極上の冬時間」で検索

※この記事は2017年1月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

見れば思わず涙!?ホテルニラカナイ西表島の「ジャングリウム」で美しすぎる星空体験【沖縄】
42種類も登場♪スウィート・ダッフィーのグッズが可愛すぎる
今年は1.5倍に規模拡大!チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ2017」が東京国際フォーラムで開催【2017】

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy