ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンプルな「鱧(ハモ)のさつまあげ」

1月19日放送の「サラメシ(再)」(NHK総合系、午後12時20分~)では、ピアニストで作曲家の羽田健太郎さんが愛したお店を特集した中で、「ゆき文」(静岡県伊東市)が紹介された。同店は伊豆急行線伊豆高原駅の桜並木口から歩いて11分程の所にある天ぷらのお店だ。

番組では、店特製のさつまあげ「鱧(ハモ)のさつまあげ」を紹介。鱧をすり鉢ですってすり身にし、そこに玉ねぎやニンジンなどを加えて揚げたお店特製のさつまあげ。特別な調味料は使用せず、シンプルに塩だけというのが特徴。続いて、「季節の天ぷら」を紹介。メインは近海からの魚介や旬の野菜の天ぷらで、生け簀から取り出された海老やレンコンなどを使用している。冬の季節ならメゴチやキス、れんこんなど5種類ほどが出されるのだとか。そして、最後に締めとして「海老の天茶」を紹介。海老だけを使った贅沢なかき揚げに、かつおと昆布からとったアツアツの出汁をたっぷりとかけていただく一品。一口頬張れば笑顔になる3品だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ゆき文(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:伊東のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:伊東×和食のお店一覧
薪の火で焼き上げる豚ステーキ
桜の匂いが香ばしいチーズフォンデュ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。