体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンガでわかるGit 9話「pullの正体はfetch+mergeだった?」

pullの正体はfetch+mergeだった?

※前回のお話:マンガでわかるGit 第8話「GitHubを使ってみよう push・pull編


今までは、わかばちゃんは単純にこういうイメージでpush・pullをしていましたが…

↓ 実はこういう構造!

リモートブランチ

リモートリポジトリの中にある

リモート追跡ブランチ

ローカルリポジトリの中にある
リモートブランチをローカルにミラーリング(コピー)しただけのもの
読み取り専用

ローカルブランチ

ローカルリポジトリの中にある
普段コミットするブランチ




この2工程をまとめてやってくれるのがpull!

pullの正体はfetch+merge

マンガでわかるGit 8話にてpushとpullを学びましたね。

pullは、実はfetch(フェッチ)というコマンドとmerge(マージ)というコマンドを合わせたものです。

本当に、fetchとmergeを使えばpullと同じことができるのか、試してみましょう。

GitHub上で直接コミットする

まず、誰かがコミットしたという想定で、自分自身でリモートリポジトリに直接コミットしましょう。

編集したいファイルをクリックします。

ペンの形のアイコンをクリックします。

直接編集可能な画面になります。

ツイッターのリンクを追加してみます。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。