体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

「オーダーメイド」と聞くと、どこかハードルが高い印象。当然、普通のモノに比べると割高だし、そもそもどこでどう依頼したらイイのか分からない人も多いはず。

でも、世界でたったひとつ、自分だけのために作られるモノは、やっぱり魅力的。そこで、こんなイベントの紹介を。

今日は、
オーダーメイドの日。

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

1月20日(金)〜22日(日)の3日間、マーチエキュート神田万世橋にて開催される「オーダーメイドの日」は、洋服やアクセサリー、家具、雑貨など、さまざまなジャンルから一流の作り手が集うイベント。色・形・素材に至るまで、じっくりと吟味しながら、自分だけのモノを作ってもらえるのです。

主催は、「もみじ市」や「東京蚤の市」「布博」など、数々の人気イベントを開き、注目を集めている手紙社。ここでは、全19組の出店者の中から、5つをピックアップして紹介しましょう。

手紙舎珈琲焙煎所
(コーヒー)

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

まずは、その手紙社が経営する「手紙舎珈琲焙煎所」から。

豆の煎り方や種類、割合を変えることで、新しい味わいをつくりだせるブレンドコーヒー。豆が持つ個性によって、「香ばしい」「フルーティー」「甘みがある」など、まったく異なる風味が生まれます。

「オーダーメイドの日」では、80以上の組み合わせの中から、あなた好みのコーヒーをブレンド。パッケージデザインも気になりますね。世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

日々の焙煎やドリップ作業を通じて身につけたノウハウをもとに、好みの味を細部まで再現。その場で試飲もでき、わずかな味の調整にも対応してくれるそうですよ。

・金額:3,000円(税込)※1袋200g+試飲代
・支払い方法:現金のみ

88/90 Products
(ワイヤークロック)

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

三重県のとある山間地域の古民家に製作室を構えている「88/90 Products」。変幻自在の針金を駆使したワイヤークロックをオーダーできます。

昔ながらの柱時計を彷彿させながらも、日々の暮らしによく馴染むデザイン。大きなモノでも幅12cm、縦20cm程度なので、とても軽量です。賃貸住宅に住んでいる人や、壁に大きな穴を開けたくないという人には特にオススメ。世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

・金額:四角タイプ:7,344円(税込)、八角タイプ:8,424円(税込)、アーチ型タイプ:8,424円(税込)
※ヴィンテージ文字盤は、+1,080円(税込)※送料別途
・納期:オーダー順に製作。2月中旬から出来上がり次第発送
・支払い方法:現金のみ

北浦和也
(似顔絵キボリ/21・22日)

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

一彫りずつ丁寧に刻まれた木の人形にポップな色彩で施すのは、ユーモア溢れる言葉とモチーフ。コミュニケーションを通して垣間見える、その人の一瞬の表情を見逃さず、キボリの人形に映し出してくれます。

写真撮影もしくは、写真を持参し、ベースになる木と好きなモチーフ(動物・食べ物・名前など)を選択。混み具合にもよりますが、基本的には30〜40分ほどで完成するのだとか。世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

・金額:4,200円(税込)
・納期:当日〜10日程度
・支払い方法:現金のみ
※当日写真撮影、もしくは写真を持参

啓文社印刷工業
(活版印刷の名刺・革小物など)

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

「記憶に残る印刷物」を合言葉に、一時は風前の灯とも思われた活版印刷の魅力を伝える「啓文社印刷工業」。長年培ってきた知識や技術に、遊び心や好奇心を存分に加え、さまざまな表現方法を提案しています。

たとえば、活版印刷の名刺。普通の印刷と比べて高価ですが、今回は特別価格でオーダー可能だそう。さらには、手帳や名刺入れ、パスケースなどの革小物も製作してもらえますよ。世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

・金額:手帳キット(本文の用紙も含む):7,020円(税込)、名刺入れ:8,100円 ※名刺と同時注文の場合は2割引 パスケース:5,940円、キーケース:4,320円、メモ帳カバー(オリジナルメモ帳つき):3,456円、活版印刷の名刺 片面1色 100枚:5,400円〜 両面1色 100枚:10,800円〜 ※特色指定の場合は別途1,620円
・納期:活版印刷の名刺:2〜4週間
・支払い方法:現金のみ

coupé
(靴)

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

緩やかな曲線を描いたつま先は、まるでコッペパンのよう。シンプルな佇まいながらも、確かな技術により作り出された革靴は、履き込むほどに味わいが増していき、いつまでも愛用したくなるかも。

サンプルを試着し、デザイン・サイズ・革・製法を選択して注文。デザインは5~7種類、革は3種類で各3~5色。世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

・金額:30,240円~64,800円(税込)
・納期:10〜12カ月程度
・支払い方法:現金のみ(内金として1万円)

世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催世界でたったひとつ。自分だけのモノを作ってもらえる「オーダーメイドの日」が、今週末開催

この他にも、ボーダーカットソーや腕時計、刃物などもオーダー可能。その他の出店情報は、こちらでチェックしてみてください。

入場無料なので、ふらっと出かけてみるのも楽しそうです。納期との兼ね合いもありますが、バレンタインのプレゼント探しにもイイかもしれませんね。

【開催概要】
オーダーメイドの日
・日程:2017年1月20日(金)〜22日(日)
・時間:20日(金)12:00〜21:00、21日(土)11:00〜21:00、22日(日)11:00〜19:00
・会場:マーチエキュート神田万世橋
・住所:東京都千代田区神田須田町1-25-4
※入場無料

Licensed material used with permission by 株式会社手紙社

関連記事リンク(外部サイト)

車種に合わせてオーダーメイドできる、アウトドア専用「キッチン」
詰め込んだのは新鮮なアイデア。「山角や」のオーダーメイドおむすび12選
まるでワインに精通しているかのようにオーダーする「5つのコツ」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。