体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今だけ!冬限定の“とっておき”が楽しめる評判の大人宿【全国】

赤倉観光ホテル

日本の冬の贅沢のひとつと言えば、静かな雪景色の中で、ほっこりと湯に浸かる雪見風呂!もう一つは、冬だけ味わえる絶品料理を楽しむ大人旅♪

たまには日頃の忙しさを忘れ、心静かにのんびりと過ごしたいもの。さらに、旬の食材を使ったお料理が並べば言うことなし!

そこで今回は全国各地から、冬だからこそ行きたくなると評判の名物お宿をご紹介します。自然に抱かれた山間の隠れ宿のような佇まいの旅館や、間近に落ちる滝と共に雪見露天が楽しめる宿などのほか、冬の味覚の王様、カニづくしの料理が味わえる宿などもおすすめです。この時期の観光旅行は、目だけでなく、全身で日本の冬を堪能してください。

湯元 長座【岐阜県高山市】

古民家の佇まいを今に残す風情豊かな秘湯の宿。

湯元長座 秘湯ムードあふれる大浴場の露天風呂。かけ流しの湯は体の芯から温まる/4本の源泉を持ち、常に新鮮な湯が湯船に注ぐ湯元長座 古民家を移築した外観は圧巻の迫力。提灯が灯る夕暮れ時も美しい湯元長座

丁寧に調理された山の幸がずらりと並ぶ夕食もお楽しみ。地酒と合わせていただこう

雄大な北アルプスに抱かれた温泉地、福地温泉。この地で長年愛されてきた「湯元 長座」は、奥飛騨を代表する温泉宿の一つである。提灯で灯された風流な通路を進むと、木の太い梁が圧巻の古民家建築が現れ、秘湯気分をいっきに盛り上げてくれる。

こちらの宿には大浴場の露天風呂に加えて3つの貸切露天風呂と、離れの露天風呂「かわらの湯」があり、冬にはいずれの湯からも、ライトアップされた雪景色を眺めることができる。 湯元 長座(ゆもと ちょうざ)

TEL/0578-89-0099

住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地786

料金/1泊2食2万2680円~

アクセス/電車:JR高山本線高山駅より新穂高行きバス(福地経由)で福地温泉下下車(送迎あり、要予約) 車:東海北陸道経由中部縦貫道高山ICよりR158経由1時間

泉質/単純温泉、単純温泉、単純温泉、塩化ナトリウム-炭酸水素泉

泉温/源泉76.1℃、46.3℃、53.6℃、70.2℃

pH/7.2、6.9、6.03、6.8

「湯元 長座」の詳細はこちら

四万たむら【群馬県中之条町】

7本の自家源泉を持つ湯量豊富な老舗温泉旅館。

四万たむら 露天風呂「森のこだま」から見た雪景色。目の前の清らかな川の流れに癒されよう/湯船からは迫力ある滝を眺めることができる四万たむら 山々の景色に包まれ静寂の時を過ごせる「プレミアム木涌館」の客室四万たむら

総檜造りの「御夢想の湯」。風情あふれる湯殿に浸かり、源泉の湯を堪能しよう

古くは室町時代から湯治場として栄えた四万温泉。その中でおよそ500年の歴史を誇る「四万たむら」は、まさに四万温泉を代表する老舗旅館といえるだろう。到着すると出迎えてくれるのは、重厚な入母屋造の玄関。中に足を踏み入れると、伝統を守り続ける落ち着いた雰囲気に心が癒される。

冬に訪れるなら、ぜひおすすめしたいのが、間近で滝の落ちる様を眺めながら浸かる雪見露天。7本の自家源泉から注ぐ温泉は、6つの湯殿で楽しめる。時を忘れて、のんびりと湯めぐりしたい。 四万(しま)たむら

TEL/0279-64-2111

住所/群馬県吾妻郡中之条町四万4180

料金/1泊2食2万3910円~(プレミアム木涌館)~

アクセス/電車:JR吾妻線中之条駅より関越交通四万温泉行きバス終点より徒歩3分 車:関越道渋川伊香保ICより1時間

泉質/ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉

泉温/源泉70~80℃

pH/6.7

「四万たむら」の詳細はこちら

大沢温泉 山水閣【岩手県花巻市】

宮沢賢治も愛した湯から銀白の清流を眺める。

山水閣 「湯治屋」にある名物風呂、「大沢の湯」。「山水閣」とは廊下でつながっているのでスリッパのまま移動できる/雪の豊沢川を眺めながら湯浴みを満喫山水閣 「山水閣」新館の客室山水閣
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。