ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春。柄を着る。パワーもらう

落ちこんだとき、弱気になったとき、自分に自信がないとき。

ポップでカラフルな柄は、パワーをくれる。

「それどこの?」って会話が弾んじゃうのもまた、柄ものの魅力。

ファッションは自分を表現するキャンバスだとよく言われるけど、とくに柄ものは自分の個性を上手に表現してくれます。

変わった柄でいつものスタイルに新鮮さを

2016年から引き続き、2017年も派手なプリント旋風がファッション業界では巻き起こっているけど、せっかくならちょっと変わった柄を取り入れてみるのおもしろそうです。

なかでも、オーストラリアのブランド「gorman」には、わくわくする柄が勢ぞろい。

Sophie Timothyさん(@sophietimothy)が投稿した写真 – 2016 11月 2 4:58午後 PDT

なんとも珍しいロブスター柄のトップス! 彼女らしさが光るチョイスと、とびきりの笑顔。

自然体な感じでとてもよく似合っています。

Freya-Roseさん(@_freyarose_)が投稿した写真 – 2017 1月 11 8:56午後 PST

珍しいトラ柄トップス。こういういままでにないアニマル柄は新鮮です。

(@_missdoors)が投稿した写真 – 2016 10月 15 12:39午前 PDT

柄のワンピースを一枚着れば、それだけで完成。もうほかに何もいらないのが、柄の魅力です。

♡ Maymon ♡さん(@maymon_clothing)が投稿した写真 – 2016 11月 6 6:17午後 PST

元気な花柄は、フレッシュでいつもと違う自分にしてくれる。そして、大胆な花柄プリントのドレスは、女性らしさ、上品さのなかに、強さや勇気も感じられます。

ふたりの自信のある素敵な笑顔が、本当に美しい。

Aliciaさん(@fortheloveofpants)が投稿した写真 – 2016 7月 13 3:56午後 PDT

柄×柄で個性を惜しみなく表現。自分らしいスタイルを楽しんでいる人ってやっぱり清々しい表情でかっこいい。

Aliciaさん(@fortheloveofpants)が投稿した写真 – 2016 5月 17 3:04午前 PDT

柄を着ることに慣れていなくても、ワンポイントでモノトーンと合わせてみると新鮮な雰囲気になります。

靴下でさりげなく取り入れるのもスタイリッシュ。

柄で自分を変化させる

お気に入りの柄を味方につけて、普段の自分とは少しちがう、いつもより大胆な自分になってみる。

すると、いつもはちょっと消極的でも、柄の洋服を身にまとうと、「私を見て!」って気持ちになれるから不思議です。

いつもより人と会いたくなって、話したくなる。そして、自然と周りにも笑顔があふれる。

弱気な自分にさよならして、大胆な自分になりたいから、私は柄を纏うのです。

写真/Shutterstock

[gorman]

こちらも読まれています

・バッグはミニマムで手ぶら極める #Valentino

・アイスブルーでハイウエスト。90年代のデニムをいま履きたい

・美人がやってる朝の習慣 #sponsored

■ あわせて読みたい

・レディー・ガガ。あふれるパワーは次世代へ向いている
・インスタの子ども向け利用規約がわかりやすい。「読む気失せる」を払拭
・ミシェル・オバマ、ファーストレディとして最後のスピーチ「あなたの居場所はある」
・まだ気づいていない。あなたの秘められた色気 #深層心理
・うつむきスマホで首にしわ…。「あいうえお」ですっきり横顔つくる
・キラキラな自分になりたい。なんて期待するのやめます。 #ふたりごと
・「◯◯し放題」。◯◯にいれるなら何やりたい?

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。