体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾の「夜市」って、何があるの?3つの夜市で食べ歩きに挑戦してみた結果

台湾の「夜市」って、何があるの?3つの夜市で食べ歩きに挑戦してみた結果

最近お酒、足りてますか?こんにちは、ミカエルです。先日、スペインのサンミゲル市場でただひたすらベロベロに酔っ払うだけの記事を書き、なんとなく好評だったので、ミカエルの酒場巡り第二弾を勝手に企画しました。

今回は、酒好きの聖地「台湾の夜市」です!絶対楽しいじゃん!ビール、絶対おいしいじゃん!

というわけで、本日もお酒好きな皆さまのおつまみになるような記事をお届けできるよう、頑張ってリポートいたします。

ちなみに訪れたのは台北の「士林夜市」と「饒河街夜市」と、台中の「逢甲夜市」。夜市の屋台すべて食べ倒すつもりで、ご紹介します。飲むぞ〜!じゃなくて、食べるぞ〜!オー!

 

の前に、相方をご紹介

s_P1070697

今回の旅のお供は、肉まんの薄皮が前歯にはりついて気になっているこの人。神奈川県出身の林田さん(26歳)です。わたしの台湾弾丸旅に文句一つ言わずについてきてくれた、現代のブッダです。

それより、この「肉まんの薄皮が前歯に張り付く」現象、わかる人います?めっちゃわかってほしい。わかんない人はコンビニで肉まん買って食べてみてください。「これかwww」って絶対なる。

s__DSC0025

ほら。絶対みんななるから。絶対。

今回は、この「肉まんの薄皮が前歯にくっつきやすいコンビ」でお送りしていきます。

 

士林夜市

s_P1070209 (1)

最初に訪れるのは、夜市の代名詞「士林夜市」。何がすごいって、その規模です。とにかく広範囲に渡って屋台が並んでいるので、きっと何回訪れても毎回新しい発見が見つかるはず。最寄駅は、MRT淡水信義線(レッドライン)の「劍潭」駅。みんなゾロゾロと夜市に向かっていくので、人ごみについていけば着きます。

 

探索スタート

1.美食なんちゃらって文字を発見

s_P1070234 (1)

この上の文字「美食なんちゃら」って書いてある看板が、世界で唯一「地下にある天国」への入り口です。市場の一階部分は、雑貨やフルーツなどが売っているお土産コーナーなので、買い物も楽しみたい方はぜひ。

2.やっぱりまずは1周回ってみる

この天国は1周ぐるっと回れるようになってます。士林先生は夜市ビギナーに優しい。サンミゲル市場同様、まずは酔っ払う前にお店の様子を伺いましょう。

S__27795458

この店の数、思わずサンミゲル先生もひれ伏すレベル。

s_P1070136s_P1070157

メニューも、とにかくバラエティに富んでます。日本語で書いてあるのはかなり有難い。日本人もかなり見かけたので、流石の士林先生。知名度がピカイチ。

3.とにかくメニューが多くてめっちゃ悩む

s_P1070141 (1)s_P1070134 (1)s_P1070146
1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。