ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジャパンディスプレイ、ハイエンドスマートフォン向けWQHD高精細ディスプレイ“Hi-Reso Display”の量産を開始

ジャパンディスプレイは 1 月 19 日、ハイエンドスマートフォン向けに WQHD 解像度を採用した高精細ディスプレイ “Hi-Reso Display” の量産開始を発表しました。JDI の Hi-Reso Display は、5 インチ(前後) 2,560 x 1,440(RGB)の第 2 世代インセルタッチ液晶 “Pixel Eye” で、今年以降の小型ハイエンドスマートフォンに採用されると見られます。Hi-Reso Display の特徴は、従来製品(フル HD の第 1 世代 Pixel Eye)に比べて解像度を高めつつも、動作時の消費電力を削減している点で、ほかにも、30Hz / 60Hz の表示モードのスイッチ機能により 30Hz 表示のちらつきを軽減し、フル HD までにしか対応していないチップセットでも WQHD へのアップスケーリングが可能になりました。フル HD の性能と消費電力で WQHD 相当の高精細な表示が可能ということになります。また、第 2 世代 Pixel Eye では様々な改良によって、さらなる狭額縁化を実現し、黒の再現性を改善しています。濡れた手でも正確にタッチできるとされているので、キッチンや風呂場での操作性も良くなると見られます。Source : JDI

■関連記事
Nokia 6が中国で発売開始、わずか数秒で初回分は完売に
Android版「LINE」がv7.0.0にバージョンアップ、写真と動画の両方を同時にトークに送信可能に
Google Playバリアルブルカードのデザインが変わっていた

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。