ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パナソニック、 スマートフォンと連携する“スマートコーヒー焙煎機”を利用したコーヒーサービス「The Roast」を4月に開始

パナソニックは 1 月 19 日、スマートフォンと通信可能な “スマートコーヒー焙煎機” を利用して、自宅に居ながらプロの焙煎師が考案したコーヒー焙煎を実践できるコーヒーサービス「The Roast」を 2017 年 4 月に開始すると発表しました。The Roast はスマートフォンから焙煎レシピとなる「プロファイル」をダウンロードしてスマートコーヒー焙煎機に転送すると、定期配達されるスペシャルティ豆ごとに考案された焙煎方法を再現できるというサービスです。定期配送されるコーヒー豆(生豆)はコーヒー輸入業者の石光商事が提供し、焙煎プロファイルは 2013 年 World Coffee Roasting Championship で優勝した後藤直紀氏が作成します。世界チャンピオンによる焙煎が自宅内で実践できるので、相当美味しいはず(抽出は自分で行いますが・・・)。スマートコーヒー焙煎機の価格は 100,000 円で、コーヒー豆の価格は、3 種類パックが 5,500 円 / 月、2 種類パックの場合は 3,800 円 / 月です。コーヒー豆は毎月配達され、3 種セット契約の場合は年間 36 種が提供されます。残念ながら、The Roast のアプリは iOS 用しか提供されず、Android 版のリリース予定は不明です。Source : パナソニック

■関連記事
リンクス、タッチやスワイプ対応のダンボールVRヘッドセット「みるボックスタッチ」を一般販売、2,500円
Googleストアで一部販売が終了したPixel Cを米国から直輸入する方法
Android Tips : LINEのメッセージ通知をPCに転送し、PC上で返信する方法

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。