ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぼくりり「東大に落ちた時はショックでした」

ぼくりり「東大に落ちた時はショックでした」
J-WAVEで放送中の番組「AVALON」(火曜担当ナビゲーター:KenKen)。1月17日のオンエアでは、今週のテーマが「受験生大応援ウィーク」ということで、「プレッシャーに打ち勝つための秘訣」について考えることとなりました。

受験シーズンたけなわのこの日、ゲストとして登場したのは、18歳の現役大学生ラッパー「ぼくのりりっくのぼうよみ」さん(以下、ぼくりりさん)。2013年にニコニコ動画への投稿をスタートし、その後、オーディションなどをキッカケに注目を集め、2015年、高校3年生の時にメジャーデビュー。文学性の高いリリックで多方面から注目を集めています。

ぼくりりさんは、なんと中学3年生の時に、国語の全国模試で1位をとったこともあるのだとか。そんな“秀才ラッパー”として知られる彼は、「1年前の先週らへん?に、センター試験を受けていました」と、昨年の今頃に受験を経験したばかり。

受験については「みんな受験するでしょ、というような高校に行ってたし、そもそも『音楽だけでいくぞ』とか、そういう気持ちも特になく…」(ぼくりりさん)。そうは言っても、出席日数を計算しながらサボっていたことも明かし(笑)、勉強詰め込み型の生活ではなかった様子。しかし、東大の入試に落ちてしまった時はショックだったそう。「めっちゃショックでしたね、受かると思ってたんで…。あれ!? みたいな。悲しいなっていう感じでしたね」と、挫折を味わったそうです。

ちなみにぼくりりさんは、緊張やプレッシャーは「めっちゃしますよ。ライブの前も。もう帰ろうかなってくらい(笑)」と、意外にも緊張を強く感じるタイプだそうで、そうした場面に直面した時は、「人がいるタイプの場合は、『相手は大根だ』と思う。あとは漫画読みます、直前に。『ナルト』とか。感動するシーンとか読むとエモくなるんで、『エモい感じで行くぞ!』と鼓舞するみたいな」と、自分なりの対処方法を披露してくれました。

一方、この日のオンエアでは、“芸能界一プレッシャーに強い男”にして、ぼくりりさんも「すごいクレバーな人だと思います!」と絶賛するタレント、武井壮さんから、受験生に向けてのアドバイス&応援メッセージが!

武井さんによると、「僕も、バキバキに緊張するんですよ」と、ご自身もプレッシャーを全力で感じるタイプとのことですが、「でも緊張をマイナスだと思ったことがないんです。緊張って興奮みたいなものだと思ってて、『緊張で、手プルプルしてんなー』って思ったら、『来たよ、武者震い!』と。緊張したり興奮したりする時の方が、人間って力出せますから」と、逆に緊張するということが、良い結果を生むというメカニズムを解説。その上で、「たとえば緊張の後に試験があってダメだったとしたら、それは緊張のせいじゃないんですよ。緊張する現場に行くまでに、準備が足りてないっていうだけなんですね。だから自分の力を発揮する現場に行くまでに、自分ができる限りの準備をすべてやっておくことが大切」とアドバイスをくれました。これにはKenKenも「ホント、そこなんだよね。そこまで自分をどう気合入れていくかですからね」と、強く共感した様子でした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:月・火・水・木曜 22時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy