体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さみしくなんかない! 【うどんすき】でひとり満腹炭水化物祭り

さみしくなんかない! 【うどんすき】でひとり満腹炭水化物祭り f:id:Meshi2_IB:20161219103852j:plain

寒い冬、温かい鍋料理が恋しくなる季節。

あんまり1人で食べるイメージがないけれど、実は鍋ってカンタンでお腹いっぱいになれて、ひとりご飯にもおススメな料理だと、ゆきちゃめゴンは思います。

そんなわけで、今回は確実にお腹いっぱいになれる「うどんすき」を作ってみます。

うどんすきって、いろんな出汁の取り方や具のバリエーションがあるのですが、ゆきちゃめゴンはめんどくさいことがキライなため鍋のスープは白だしのみ。

白だしにこだわったのは、関西出身なのでどうしても黒いつゆでうどんを食べることに抵抗があるため。白だしを買うのが面倒な方は、普通の麺つゆでもできます。

材料はこれだけ。野菜は何でもOK!

f:id:uralatokyo:20161118213306j:plain

<材料> 濃縮白だし 80cc(水で薄めて計1,000mlにしてつゆとして使用)
豚バラ肉 150〜200gぐらい
好きな野菜 (今回は水菜・白菜・小松菜・ネギ・えのき)
うどん 1玉

白だしは味が薄そうに見えますが意外としょっぱいものなので、パッケージに書かれた規定の量より少し水を多めに入れて薄めてもいいぐらいです。

野菜や肉の量も適当に、自分が食べたい量を入れてしまえば大丈夫。

今回は野菜の種類多めですが、水菜とえのきだけ、とかでもOK!

とーっても適当な料理なのです。

あとは煮るだけ

f:id:uralatokyo:20161118213411j:plain

水で薄めた白だしを火にかけて沸騰してきたら、まず野菜を投入します。

f:id:uralatokyo:20161118213459j:plain

野菜が煮えてきたら、豚バラ肉をしゃぶしゃぶしながら入れます。

この豚バラから良い出汁がでますよー。

すでにうどん屋さんみたいな良いにおいがしてきました!

f:id:uralatokyo:20161118213849j:plain

豚バラはすぐ火が通りますので、しゃぶしゃぶし終わったら、最後にうどんを入れます。

f:id:uralatokyo:20161118213932j:plain

しばらくふたをして煮込んだら……完成。カンタンすぎ!

f:id:uralatokyo:20161118213957j:plain

うどんも温かいおつゆも、寒い冬の夜に最高!

意外と野菜もたくさん取れるし、うどんにからむ豚バラもいい感じ!

ちょっと薬味を足してアレンジ

f:id:uralatokyo:20161118214656j:plain

このまま食べ進めてもよいのですが、もし家にあったらちょっと柚子胡椒を足してみるのもおすすめ。味にピリっとアクセントが付いて、ちょっと大人のうどんすきになります。

f:id:uralatokyo:20161118214826j:plain

あと、黒胡椒をかけるのもおいしかったですよ。

炭水化物祭りはこれだけでは終わらない

f:id:uralatokyo:20161118215341j:plain

さて、この少し残ってしまった、いや、あえて残したスープ、これはさらなる炭水化物祭りへの序曲。

翌日の朝ご飯にするのもいいけど、まだまだイケるならこのまま続行しましょう!

豚バラや野菜の出汁が出ておいしくなっているこのスープに、ご飯を投入。

この時点でスープがあまり残っていない方は、水で薄めた白だしを追加してくださいね。食べたい量に合わせて自由自在です。心ゆくまで食べましょう!

f:id:uralatokyo:20161118215442j:plain

ご飯が煮えてきたら卵をまわしかけます。

f:id:uralatokyo:20161118215652j:plain

出汁がしみた、黄金色に輝く米。

むしろこの雑炊のためのうどんすきだったのではないか!? と思うほどのおいしさ。

カンタンにできて、おなかも心も大満足! 寒い夜に、心も身体も温まりますよ。

うどんすき、ぜひ作ってみてくださいね。

f:id:uralatokyo:20161118220048j:plain

雑炊のなかから、たまにうどんが出てくるのもご愛嬌。

書いた人:ゆきちゃめゴン

ゆきちゃめゴン

食べることばかり考えています。弱いのにお酒も好きです。ふだんはエディトリアル系を中心にDTPデザイナー。東京の下北沢〜渋谷あたりで生きています。万年ダイエッターでしたが、最近痩せることをあきらめました。Small Happy Thingsというサイトにも参加中。

Twitter:@yukichamegon

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【鉄道メシ】世界でいちばん鉄道に近いカフェ?「N3331」【秋葉原】
ヤバい、箸が止まらない! パクチーボーイ エダジュンの「照り焼きチキンのチリマヨ丼」【アジア飯レシピ】
絶品チャーハンを作るコツ【これぞ決定版】

グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。