ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

自然と文化とグルメ!台中の季節別天気・服装・イベントとおすすめ観光地

Photo credit: Hellzapoppin「台湾ぶらぶらひとり旅 台中 / 宮原眼科」

台湾土産として変わらぬ人気のパイナップルケーキ。そのパイナップルケーキで有名な日出グループが展開している中山路の「宮原眼科」は、パイナップルケーキはもちろん、チョコレートなど、様々なお菓子を扱う人気のスイーツショップ。中でも人気なのがヘルシーで原材料を使用したアイスクリームです! 種類も豊富なので必ず興味をそそられるアイスクリームに出会えるはず!
昔は眼科だった建物を使って営業されていて、外装、内装ともレトロ・モダンな魅力があふれています。おしゃれなラッピングや店員さんの制服も素敵です。ぜひチェックしてみてくださいね。2階はカフェ・レストランになっているので、雨の日や暑い夏の日にゆっくり休むのにもぴったりです。

宮原眼科
住所:台中市中區中山路20號
電話番号:0422271927
営業時間:10:00~22:00
アクセス:台湾鉄道「台中駅」より徒歩約4分
公式サイト:宮原眼科

 

2. 逢甲夜市:台中一の夜市でB級グルメを味わう

Photo credit: dabing626 via flickr cc

「台湾グルメ」と言えば、夜市に軒を並べる屋台でいただくというのがお約束。「逢甲夜市」にはB級グルメ中心の飲食店以外に、洋服、アクセサリー・小物などの様々な店が並び、その数、約1500。
中心地からは少し離れていますが、バスやタクシーで行く際の目印は「逢甲大学」です。そんな場所柄なので、この夜市は若者向けになっています。お得なファッションアイテムやスマホグッズなど、若者の心を掴んで離さない物達にきっと巡りあえますよ。
一番賑わいを見せる時間帯は、暑い季節でも少し涼しくなる夜遅く。通勤電車のような混雑を避けるなら、小雨の日を選ぶというのも一案です。

逢甲夜市(Fengjia Night Market)
住所:台中市西屯区文華路(西屯路~文華路~逢甲路の周辺一帯)
営業時間:夕方~24時頃(土日 ~翌2時頃)
アクセス:バス停「逢甲大学」から徒歩すぐ

 

3. 台中孔子廟

Photo credit:Fcuk1203 (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

台中観光のメインスポットの1つ「台中孔子廟」は、宋代の宮殿建設を模して18世紀に建てられたもの。その色彩の鮮やかさ、モチーフの細やかさをぜひじっくりと鑑賞してみて下さい。台中孔子廟には、学業の神様である孔子とその72人の弟子たちが祀られていて、毎年受験シーズンになると多くの受験生やその家族で混雑します。
敷地面積は約23000平方メートルで、台湾の中でも最大級の規模を誇ります。広い敷地内、建物の外にはあまり日差しを遮るものがないので、炎天下に出かける時は帽子があると安心です。

台中孔子廟
住所:台中市北区雙十路二段30号
電話番号:0422332264
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
アクセス:「台中」駅からタクシー、または市バス(體育場下車)で約10分
公式サイト:台中孔子廟

 

4. 鼎王麻辣鍋:台中発祥の火鍋に挑戦!

Provided by foursquare-icon-16x16

火鍋の一大旋風を巻き起こした、台湾中で人気の「鼎王麻辣鍋」。もともとは屋台から始まったというこのお店ですが、発祥の地は台中です。
ここの自慢のスープは高雄出身のオーナーが長い歳月をかけて完成させたもので、辛みの強いスープと酸味の強いスープがあります。五臓六腑に染み渡るさわやかな旨味のスープを口にすると、暑い夏の日にも、寒い冬の日にも身体が芯から温まり、全身がよみがえったような気持ちになるでしょう。落ち着いた色彩のクラシカルなインテリアの中、ゆっくりとくつろぎましょう。
夕方以降は混み合うので、事前に予約しておくのがベターです。冬になると1ヵ月待ちなんてことも!

鼎王麻辣鍋/Dingwan Mala Guo(公益店)
住所:台中市公益路二段42号
電話番号:0423261718
営業時間:11:30~翌6:00
公式サイト:鼎王麻辣鍋

 

鼎王麻辣鍋/Dingwan Mala Guo(精誠店)
住所:台中市精誠路12号
電話番号:0423296828
営業時間:11:30~翌2:30

 

5. 高美湿地:台中で”ウユニ湖”に似た絶景を見れる!?

Photo creditAk: AKira Nakayama「台湾一周一人旅! 始まりの旅編」

南米ボリビアのウユニ塩湖は、「死ぬまでに一度は行ってみたい観光地」の上位にランキングされることで有名です。そのウユニ塩湖に似た絶景がアジアで見られるということで人気になっているのが、台中の「高美湿地」。
バード・ウォッチングの名所として知られていますが、屋台やサイクリング・ロード、海水浴場もあり、ファミリーでも楽しい一日が過ごせそうなスポット。日没前には岐路につけるようスケジュールを組むのがポイントです。晴れの日の夕暮れ時が特におすすめ。ぜひ一枚、写真に収めておきましょう。
また、11月〜2月は水位が上がってしまうことが多く、強風が吹き寒いので、それ以外の3~10月に行くのがおすすめです。

高美湿地(Gaomei Wetlands)
住所:台中市清水区大甲渓出海口
電話番号:0426523162(高美旅遊網)
アクセス:鉄道の「清水駅」から、タクシーで約20分
公式サイト:高美湿地

おわりに

いかがでしたか? 本記事では、まだあまり知られていない台中市の天気や気温、服装、イベント、おすすめ観光スポットについてお届けしました。
グルメをうならせる食べ物でいっぱいの台中。ぶっきらぼうだけど暖かい台湾の人々との小さなふれあいを、ぜひ大切な旅の思い出に持ち帰ってください。

ライター:Jumpei Kawashima
Photo by:Hellzapoppin「台湾ぶらぶらひとり旅 台中 / 宮原眼科」

自然と文化とグルメ!台中の季節別天気・服装・イベントとおすすめ観光地

Compathyで台中(台湾)の旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、台中(台湾)を訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

台中(台湾)の関連旅行記ブログ

*Akira Nakayama「台湾一周一人旅! 始まりの旅編」

*Hellzapoppin「台湾ぶらぶらひとり旅 台中 / 宮原眼科」

*Junpei Hazama「台湾をヒッチハイクで一周してみた。台北〜台中編」

前のページ 1 2 3
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき