ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

白銀の世界に、灯りイベント…今見たい!九州の美しすぎる冬絶景10選

白銀の世界に、灯りイベント…今見たい!九州の美しすぎる冬絶景10選 別府ロープウェイで行く「鶴見岳」

四季折々の景色が楽しめる日本。その中でも、冬限定の景色は、比較的暖かな九州ではあまり見られないのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、九州でもこの時期だけの特別な景色を見られるんです。

一面雪に包まれた銀世界、寒さの中に華やぐ色とりどりの花々、澄んだ夜空に煌めく星たち、そして暗闇を優しく照らす灯り…。

今回は、九州が誇る冬の季節ならではの風景を4つのカテゴリーで紹介します。

この時期だけの特別な景色に、会いに行きましょう。

ロープウェイから見る一面の白銀世界

1.別府ロープウェイで行く「鶴見岳」【大分県別府市】

雪化粧で白くおめかし 優美な山上を空中散歩。

別府ロープウェイで行く「鶴見岳」霧氷に覆われた山の斜面は、太陽に照らされるとキラキラ光る 別府ロープウェイで行く「鶴見岳」ロープウェイからは、眼下に別府の街並や別府湾が望める 別府ロープウェイで行く「鶴見岳」山上にある火男火売(ほのおほのめ)神社の朱色の鳥居が映える

春は桜、夏は緑、秋は紅葉と、一年を通して美しい景色が楽しめる鶴見岳。そして冬は雪景色。標高1300mの山上一帯は霧氷が見られるので、ふもとと山上を結ぶロープウェイで向かおう。西日本最大級のゴンドラで約10分、キラキラ輝く感動の景色が!

絶景データ

●見頃/1月上旬~3月上旬

●絶景タイム/9時~12時

霧氷と共に、山上からは別府の温泉街や別府湾、さらに晴れた日には四国まで望める。 別府ロープウェイで行く「鶴見岳」(つるみだけ)

TEL/0977-22-2278

住所/(乗場)大分県別府市大字南立石字寒原10-7

営業時間/9時~16時30分

定休日/なし ※悪天候時は運休の場合あり

料金/大人片道1000円、4歳以上小学生以下500円、往復大人1600円、4歳以上小学生以下800円

アクセス/大分道別府ICより5分

駐車場/250台

「別府ロープウェイで行く「鶴見岳」の詳細はこちら

2.雲仙ロープウェイで行く「仁田峠」【長崎県雲仙市】

氷が生み出す自然の芸術 可憐で繊細な「花ぼうろ」。

雲仙ロープウェイで行く「仁田峠」約3分の空中散歩。天候の良い日は、遠く天草まで見える 雲仙ロープウェイで行く「仁田峠」標高1333mの妙見岳へも約3分ほどで到着 雲仙ロープウェイで行く「仁田峠」春のミヤマキリシマをはじめ、年中美しい峠

雲仙では「花ぼうろ」と呼ばれる霧氷を観賞。さらに、仁田峠駅から標高差約174m、距離約500mの妙見岳駅間を結ぶロープウェイで、妙見岳へも気軽に登ることができる。妙見岳から国見岳までの自然歩道も散策して、眼下に雪景色を満喫しよう。

絶景データ

●見頃/12月上旬~3月上旬

●絶景タイム/8時30分~12時

青空と白い霧氷はまさに神秘的な景色。別世界にいるようなロマンチックな気分に。 雲仙ロープウェイで行く「仁田峠」(にたとうげ)

TEL/0957-73-3572

住所/(乗場)長崎県雲仙市小浜町雲仙551

営業時間/運行時間(11月~3月)8時31分~17時11分(上り最終16時51分)※4分~8分毎の運行(都合により延長あり)

定休日/荒天時

料金/大人片道630円、小学生以下320円(5歳までは大人券1枚につき1名無料)

アクセス/長崎道諫早ICより1時間15分

駐車場/仁田峠駐車場200台

「雲仙ロープウェイで行く「仁田峠」の詳細はこちら

色とりどりの花景色

3.池田湖の「菜の花」【鹿児島県指宿市】

開聞岳(かいもんだけ)や湖畔をふわり彩る愛らしい黄色の妖精たち。

池田湖の「菜の花」「薩摩富士」と称される開聞岳と池田湖の美しいコントラスト

九州の中でもひと足先に春を感じられる温暖な指宿。周囲15km、水深233mの九州最大の湖の畔に、菜の花の黄色いじゅうたんが出現。澄んだ湖水と標高924mの開聞岳を背景に、約3万本もの菜の花が咲く様子は、可憐な妖精たちが舞っているよう。

\EVENT/ 第25回 いぶすき菜の花マーチ

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。