ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2CELLOS、新作「スコア」2/22日本先行発売&「ゲーム・オブ・スローンズ」メドレー公開

2CELLOS、新作「スコア」2/22日本先行発売&「ゲーム・オブ・スローンズ」メドレー公開

©Roger Rich
クロアチア出身のチェロ・ユニット 2CELLOS(トゥー・チェロズ)が、2年ぶりのアルバム「スコア」国内盤を2月22日に発売することが決定した。世界に先駆け3週間の日本先行発売となる。

また本作のリード曲であり、現在先行配信中の第1弾シングル「ゲーム・オブ・スローンズ」メドレーの新着映像が公開された。

映像は昨年11月、2CELLOSの母国クロアチア南部の都市ドゥブロヴニクで撮影された。映像監督は、これまで発表してきた「モンバサ」や「チェロヴァース」のミュージックビデオを撮影した同郷のダルコ・ドリノヴァク(Darko Drinovac)が担当している。

撮影場所のクロアチアのドゥブロヴニクは、ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に登場する“キングス・ランディング”という架空の都市のロケ地で、ルカのホームタウンでもある。

“アドリア海の真珠”といわれる美しい街並みと、ローマ時代の遺跡が残る風光明媚なこの街は、日本からの観光客も数多く訪れるという世界遺産都市。時の重みを感じさせる雄大な風景が、2人のパフォーマンスにより一層のスケール感を加えている。

2CELLOS コメント
・ミュージックビデオ撮影について
“ゲーム・オブ・スローンズ”のミュージックビデオを、母国クロアチアのドゥブロヴニクで撮影することになって、本当にワクワクしました。この街はドラマに出てくる“キングス・ランディング”のロケ地であり、ルカの父の故郷なのです。それに、なんといってもこの美しい都市を、世界中の皆さんに僕たちが紹介できる絶好のチャンスですから!

・アルバム「スコア」について
僕たちは2人とも映画音楽が大好きなんだ。このアルバムは自分たちが好きな作曲家が書いたお気に入りの作品を収録している。世界的に有名なオーケストラと、大好きな曲ばかりチェロのためのアレンジで演奏できるなんて!夢が叶った気分だ。

2CELLOS「ゲーム・オブ・スローンズ」メドレー

リリース情報

アルバム「スコア」
2017年2月22日(水)日本先行発売
SICP31122 2500円+税
※高品質Blu-spec CD2仕様
<収録曲>
1.「ゲーム・オブ・スローンズ」メドレー 作曲:ラミン・ジャワディ
2.メイ・イット・ビー(「ロード・オブ・ザ・リング」) 作曲:エンヤ、ローム・ライアン、ニッキー・ライアン
3.フォー・ザ・ラヴ・オブ・ア・プリンセス(「ブレイブハート」) 作曲:ジェームズ・ホーナー
4.ある愛の詩 作曲:フランシス・レイ
5.ニュー・シネマ・パラダイス 作曲:エンニオ・モリコーネ
6.ムーン・リヴァー(「ティファニーで朝食を」) 作曲:ヘンリー・マンシーニ
7.ゴッドファーザーのテーマ 作曲:ニーノ・ロータ
8.マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン 作曲:ジェームズ・ホーナー
9.レインマンのテーマ 作曲:ハンス・ジマー
10.カヴァティーナ(「ディア・ハンター」) 作曲:スタンリー・マイヤーズ
11.マレーナ 作曲:エンニオ・モリコーネ
12.「シンドラーのリスト」メイン・テーマ 作曲:ジョン・ウィリアムズ
13.「炎のランナー」よりタイトルズ 作曲:ヴァンゲリス
14.ナウ・ウィ・アー・フリー(「グラディエーター」) 作曲:ハンス・ジマー、リサ・ジェラード
15.「M21-許し forgiveness」坂本龍一 feat. 2CELLOS(映画『怒り』より) 作曲:坂本龍 ※日本盤ボーナス・トラック 演奏:ロビン・スミス指揮ロンドン交響楽団
<配信>
先行第1弾シングル「ゲーム・オブ・スローンズ」メドレー
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1192465316?app=itunes&ls=1

関連リンク

2CELLOS公式サイトhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/2cellos/
■2CELLOS Twitter日本公式アカウントhttps://twitter.com/2cellos_japan

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy