ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

母親学級に夫婦で参加したかったのに…。夫とすれ違ってばかりだった妊娠期間

f:id:akasuguope04:20160525191515j:plain

第1子の妊娠が分かった時、仕事と妊娠の両立に戸惑いを隠せなかった私と違って、真っ先に喜んだのは夫でした。夫が素直に喜んでくれたことが嬉しく、妊娠8ヶ月まで仕事を続けることにして、初めての妊婦生活が始まりました。

安定期に入るまでは直属の上司以外には口外しない事にしていたため、喫煙率が90%以上、男性がほとんどの職場での、つわり期はとてもしんどかったです。何度非常階段で壁にもたれかかったことか。

ある日、朝から体調が悪く、会議があるため休むわけにはいかず、出社時間を少し送らせてもらいソファーで横になっていると、

「い~な~、仕事いかないでゴロゴロしていて」と夫が一言。

思わず、

「なりたくてこんなことしているわけじゃないよ。代われるなら代わってよ」と、きつく当たってしまいました。

特に初めての妊娠では、体調や体型の変化に驚くことや分からないことが多く、自分の体なのにどうにもならないもどかしさを感じ、それを処理しきれない所に夫からの一言が心を乱すことが多かったです。 関連記事:うちの夫じゃなくてよかった…!?両親学級で出会った衝撃のご主人 by フクミー

必須とされていた母親学級。病院からの事前説明で、緊急事態の場合など夫にも病院の場所や施設の様子を知ってもらっている方がいいので、なるべく夫婦で参加するように言われました。

イレギュラーな仕事スケジュールの夫ですが、日程と共に参加の必要性も伝え、できるだけ参加してくれるようにお願いしました。

母親学級当日、夫は前日からの徹夜作業となり朝の時点で不在だったので、帰宅を待たずして私は出かけることに。会場に入ると、ほとんどの方が夫婦で参加していました。

「ご主人は無理だったのかな?」とスタッフの方に聞かれ、

「すみません仕事で」と答え、1人でいたところ、夫からのメールが!

もしや来られるのかしら?と読んでみると

「お茶づけのもと、どこにある?」とのメッセージ。

このタイミングで帰宅できているのであれば、参加できたはず!

どうして来てくれないの?誰の赤ちゃんなの?という悔しさと、寄り添ってもらえず一人ぼっちになってしまったような寂しさとで悲しくなりました。

妊娠中は、大きなお腹で不自由な生活を送っている私に対して無神経な言動が多かった夫でしたが、今では子どもとよく遊んでくれる2児のパパです。

妊娠、出産、子育てをする中で、経験して初めて知ることの多さに驚きますが、とくに妊娠は独特な経験なので、妊婦の感情や体感を理解することができない夫と、夫だから”理解してほしい”という私の思いがすれ違いばかりだった妊婦期間だったなぁ、と今では理解できます。

最近は、赤ちゃんのお世話だけではなく、心のすれ違いを防ぎ”奥さんの気持ちに寄り添う”ための父親学級も全国各地で開催されているようです。

赤ちゃんを迎え入れる準備期間が、お互いの心の絆を強める機会にできたらいいですね。 関連記事:夫が自分の思うような行動をとってくれない!根っこにあるのは夫への幻想?私の説明不足? by イシゲスズコ

f:id:akasuguope04:20160520191422p:plain

著者:shirayuki

年齢:42歳

子どもの年齢:12歳 7歳

中1男子と小2女子の子育て奮闘中。ママ&キッズのお花教室主宰

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

夫から見た、妊娠〜出産まで。妻を支えるためにできることとは?
妊娠はゴールではなくスタートだった…!ノープラン夫婦の妊娠生活スタート by カザマアヤミ
「俺、ぜってー良いパパになるから!」本気で挑んだ沐浴体験で誓ったこと byあおむろ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。