ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ローグライク・アクションRPG『Pixel Princess Blitz』Kickstarter開始 日本人ドット絵作家も参加する期待作

1月11日、韓国及び日本人によるインディーゲーム作品『Pixel Princess Blitz』のkickstarterプロジェクトが開始された。目標金額は77,700ユーロ(約950万円)となっている。1月16日現在、32,900ユーロの支援が集まっている。

https://t.co/Vwy80nlpWz
The #kickstarter campaign for Pixel Princess Blitz will launch on January the 11th. Hoping for the best! #indiedev pic.twitter.com/169Q66Lwvy

— Hepari (PPB Dev) (@hepari00) 2017年1月5日

『Pixel Princess Blitz』kickstarterプロジェクト

『Pixel Princess Blitz』とは

2b87ed15f04219764c1fb39b78f9fed8_original
 
『Pixel Princess Blitz』の具体的なゲームシステムとしては、ハック・アンド・スラッシュとボードゲームの要素を合わせたゲームとなっており、フィールドなどで起こるランダムイベントなどでボードゲームの特徴が出ている。ランダムイベントでの交渉の成功率などはプレイヤーのステータスに依存し、例えば知力が高ければより平和的に問題を解決することができ、また素早さが高ければダンジョンの宝物を上手く盗むことができたり、秘密の扉を見つけることなども可能になる。

本作はローグライクでありながらストーリーも充実しているようで、メインは主人公の少女クルナが滅亡寸前の王国を救う旅であるが、なんと他のキャラクター達とのロマンスが用意されているのだ。もちろん友情から恋愛へ発展させるのは容易なことではない。お気に入りのキャラクターと愛を育めるかどうかはプレイヤーの力量次第だ。

タイトルに「Pixel」とある通り、可愛らしいドット絵が特徴的な本作だが、ドット絵を手がけるのは3人の日本人ピクセルアーティストである(メインキャラクター:シロス氏、敵&NPC:鮫妻丈二氏、敵アニメーション:E79氏)。日本人が描いているというだけあって、とても馴染みやすいグラフィックなのではなかろうか。また、この記事で紹介しているゲームの多くはまだ公式で日本語化のアナウンスがされていないが、本作はSteam Greenlightのページも日本語化されており、ゲームも日本語で楽しめる可能性があることを推測できる。Greenlightのページではゲームの内容をマンガ形式で分かりやすく説明しているので一度見てみる価値はある。

公式サイト:http://pixelprincessblitz.com/

プラットフォームはWindows、Mac、Linuxに対応予定。デモムービーからも滑らかに動くキャラクター達の姿を見ることができ、今後の情報が期待される作品だ。

(関連記事)
完成が待ちきれない、美しいドット絵のインディアクションゲーム10選

関連記事:

『Mother』『ゆめにっき』的世界観のインディゲーム『OMORI』 新トレーラーが公開
nVIDIAがゲームのストリーミングサービス「GRID」を発表。ローンチタイトルに日本のインディーゲーム3作品も
名作アドベンチャーゲーム『シルバー事件』 HD版が配信開始

もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy