ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【肉撃】大阪王将の「サーロインステーキ炒飯」の爆発力がハンパない件【本社に直撃】

f:id:Meshi2_IB:20170105093646j:plain

大阪王将のこだわり肉&炒飯の究極系!

絶品厚切り肉盛り炒飯」に「やわらか牛カルビ炒飯」と、定期的に企画メニューで肉と炒飯のコンボを打ち出してきた大阪王将。

昨年からは「肉撃」というキャッチフレーズを採用、「肉撃コク旨ローストビーフまぜそば」など麺類も含めた総力戦というべき展開になってるのをご存知ですか?

だってメニューもこんな推しっぷり。

f:id:Meshi2_IB:20170105093647j:plain

▲いやがおうにも目をひかれる「肉撃」のインパクト!

f:id:Meshi2_IB:20170105093648j:plain

▲売りは焼餃子ですけど、美味ければ炒飯も推す!

看板に「焼餃子専門店」を掲げるくらい餃子が売りなはずなのに、何でそんなに肉と炒飯が好きなの? 好きすぎるの!?

でもそんな大阪王将が肉好きとしては気にならずにいられない。

そんな大阪王将から肉のクライマックスシリーズというか肉と炒飯が悪魔合体して魔神出来ちゃったよ、みたいなメニューが爆誕、いや肉誕!

それが「サーロインステーキ炒飯」です。その本気さは大阪王将メニュー初の4ケタ価格という思い切りでわかるはず。量減らして「999円(税別)」とかそんなしょっぱい事はしてないんだぜ!

f:id:Meshi2_IB:20170105093649j:plain

▲サーロインステーキ炒飯 ステーキ100g(1,180円)

f:id:Meshi2_IB:20170105093646j:plain

▲肉のうまみに絡まるガーリック、これぞ男の肉

「サーロインステーキ炒飯」のキャッチコピーは「大阪王将史上最強炒飯」。

料理における「最強」とは何……?

その概念はさておき、「ステーキ」というだけでもひるむのに「サーロイン」まで付けられたらひれ伏すしかない! もうそのメニューが「名は体を表す」の言葉どおりに言い尽くしてますが、期待通りに炒飯の上にステーキが! そしてキノコが!

まずはそのステーキをいただいてみます。まず感じるのは口にした時の肉の上質感!

正直、大阪王将に限らずですがもっとお安い価格帯のお肉料理も嫌いじゃないですよ? 味濃いめのソースでパンチ利かせてみました系なやつも。ただ、かみ応えあるこの肉からほとばしる味とエナジー! みたいなのは、さすが4ケタ価格だサーロイン。

f:id:Meshi2_IB:20170105093659j:plain

▲100gなら一枚ずつ味わいたい

f:id:Meshi2_IB:20170105093654j:plain

▲今まで通ってきた大阪王将で出会った初めての味……

また、振りかけられたガーリックとバターの味わいがソソります。あと肉と肉の合間に挟むことで引き立つ、きのこの風味。そういえば、ここ最近のチェーン飯屋さんの企画メニューってきのこを使うことが多い気がします。味の濃縮感がいいんですよね。

ちなみにこの「サーロインステーキ炒飯」、基本メニューはステーキ100gですが、倍の200gも用意されてます。その値段は1,680円。決して安くはありません。しかしその一皿がテーブルに届けられた時、口には出さずとも心の奥底で驚嘆するはず。

だってこの覆い尽くす肉! マジでご飯が見えない……。

f:id:Meshi2_IB:20170105093652j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。